Lifetime Blog

written by Tony

もう大丈夫!テレワーク時のおすすめネット環境2つを紹介

f:id:healthwellnesshappy:20200904075007p:plain

◆はてな・疑問??

✔会社から急にテレワーク出勤を命じられた
✔アパートなのでネット環境がない
✔どうすればいい?

 

こんな悩みを解消します。

 

急に会社からテレワーク出勤を命じられたら、
いちばん困るのがネット環境ですよね。

 

仕事上PCの利用は必須なので、
どうにかしてネット環境を用意しないといけません。

 

そこで、今日はネット環境が無い方向けに
おすすめの方法2つを紹介します。 

 

◆記事の内容(5分で読めます)

✔テレワークで必要なデータ量
✔おすすめのネット環境2つを紹介
✔それぞれのメリット・デメリット

✔それぞれ向いている人
✔おすすめの会社を紹介
  

 

◆◇◆◇記事の信頼性◆◇◆◇

当サイトの筆者TONYは、前職がIT関連企業で
現在は格安SIM・Wi-Fi専門ブロガーとして活動しています。
そのため、インターネット全般について熟知しています。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

テレワークで必要なデータ量

f:id:healthwellnesshappy:20200814161008p:plain

まず、1GBのデータ量でどれくらいのことができるか、
紹介したいと思います。

 

1GBでできること

メール

300文字程度のテキストのみ>>>204,800通
(1通あたりだと5KB)

PDFファイル添付だと>>>2,000通
(1通あたりだと500KB)

 

ブラウザ閲覧

3,500回
(1回あたりだと285KB)

※開いたページの文字数や画像の有無によって変わります

 

LINE

★テキストのみのメッセージ>>>33万通
(1通あたりだと3KB)

★音声通話>>>2050分(約34時間)
(1分あたりだと0.5MB)

★ビデオ通話>>>205分(2時間25分)
(1分あたりだと5MB)

 

YouTube閲覧

★標準画質(360p)>>>250分(4時間10分)
(1分あたりだと4MB)

 

Skype

★音声通話>>>1020分(17時間)
(1分あたりだと1MB)

★ビデオ通話>>>240分
(1分あたりだと4MB)

 

特長として、ブラウザ閲覧→音声通話→ビデオの順に
データ消費量が増えているのが分かります。

 

1日で求められるデータ量

テレワークの業務内容によって、
1日で求められるデータ量は変わってきます。

 

★1日で求められるデータ量


・「通話 / ビデオ」がメイン → 1GB以上/日
・「テキストメッセージ」がメイン → 1GB未満/日

 

ZoomやSkypeなどで頻繁にビデオ会議をするのであれば、
1日に1GB以上は消費します。

 

一方、チャットワークやLINEのテキストメッセージや
Googleドライブなどでのデータのやり取りがメインなら
1日の消費量は1GB未満に収まるかと思います。

 

おすすめのネット環境

f:id:healthwellnesshappy:20200725132833p:plain

状況に応じた、
おすすめのネット環境2つを紹介します。

 

スマホテザリング

今契約しているスマホのモバイルデータを
そのまま使用する方法です。

 

テザリングといって、スマホ自体をWi-Fiルーター代わりにし
PCなどの周辺機器はその電波を拾ってネットに接続できます。

 

メリット

メリットと感じるのは以下の点かと思います。


①モバイルWi-Fiや固定回線を用意しなくて済む
②余計な費用がかからない

 

スマホを契約していればすぐに用意でき、
面倒な手続きも要りません

 

また、モバイルWi-Fiや固定回線など
余計なお金をかけずに済みます。

 

デメリット

デメリットと感じるのは以下の点かと思います。


①スマホの契約内容に左右される

 

例えば、6GB/月プランなら、
それを超えると通信制限がかかりアウトです。

 

また、携帯会社や機種によっては、
テザリングができなかったり別途料金がかかることがあります。

 

向いている人

スマホテザリングが向いているのは
以下のような方かと思います。


①ビデオ会議はめったにない
②1日のデータ利用量が500MB程度

 

1日500MB程度の利用で収まれば、
1ヶ月で10GBあれば足ります。

 

契約しているスマホのデータプランに余裕があれば
テザリングだけでも十分やり繰り可能です。

 

モバイルWi-Fi

新たにモバイルWi-Fiを契約し、
その電波を使ってネットに接続する方法です。

  

メリット

メリットと感じるのは以下の点かと思います。


①大容量で利用可能
②持ち運び可能

 

モバイルWi-Fiの場合、100GB/月プランなど
スマホと違い大容量で使えます。

 

また、持ち運び可能なので、
自宅以外の場所でもネット利用が可能です。

 

デメリット

デメリットと感じるのは以下の点かと思います。


①手間と費用がかかる

 

新たにモバイルWi-Fiを契約する必要があるので、
その手間がかかります。

 

また、お金も余計にかかります。

 

向いている人

モバイルWi-Fiが向いているのは
以下のような方かと思います。


①通話やビデオ会議を頻繁に行う
②1日のデータ利用量が1GBを超える

 

1日あたりのデータ利用量を1.5GBとすると、
1ヶ月に30GBは必要になります。

 

その量だと、さすがにスマホテザリングでは
厳しいので、モバイルWi-Fiを契約した方がいいです。

 

おすすめの会社

f:id:healthwellnesshappy:20200711194510p:plain

それぞれのパターン別で
おすすめの会社を紹介します。

 

スマホテザリング

モバイルWi-Fiを契約するほどではないが
今のスマホの契約だと不安という方向けに、
おすすめの携帯会社を2つ紹介します。

 

DTI SIM

「毎日1.4GB使い切りプラン」といって、
1日の間で1.4GBまでは使い放題のプランがあります。

 

価格も、月額2,900円(音声通話付き)
かなり安いです。

 

>>> DTI SIM <<<

 

楽天モバイル

楽天回線エリアだと完全使い放題
パートナー回線エリアでも最大1Mbpsで使い放題です。

 

1Mbpsでもテザリングは可能です。

 

また、専用の電話アプリを経由すると
回数・時間無制限で0円で電話もかけ放題。

 

会社と電話のやりとりが多い方にも
おすすめの会社です。

 

月額料金も2,980円とかなり安いです。 

 

>>> 楽天モバイル <<<

 

モバイルWi-Fi

モバイルWi-Fiが必要な方向けに、
おすすめの会社を2つ紹介します。

 

ギガWi-Fi

100GB/月まで使え、
安いプランだと月額3,250円です。

 

また、クラウドSIMといって、
3キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)の電波を
自動で選別してくれます。

 

モバイルWi-Fi特有の速度混雑も
最小限に抑えられます。

 

>>> 【ギガWi-Fi】 <<<

 

どこよりもWi-Fi

こちらもギガWi-Fiと同じく
1ヶ月100GBまで使え、クラウドSIM採用です。

 

月額料金も3,180円と、非常にお手頃な価格です。

 

>>> どこよりもWiFi <<<

 

テレワークおすすめのネット環境2つ:まとめ

f:id:healthwellnesshappy:20200812153248p:plain

スマホテザリング

メリット2点


①モバイルWi-Fiや固定回線を用意しなくて済む
②余計な費用がかからない

 

デメリット1点


①スマホの契約内容に左右される

 

向いている人


①ビデオ会議はめったにない
②1日のデータ利用量が500MB程度

 

おすすめの会社

>>> DTI SIM <<<

 

>>> 楽天モバイル <<<

 

モバイルWi-Fi

メリット2点


①大容量で利用可能
②持ち運び可能


 

デメリット1点


①手間と費用がかかる

 

向いている人


①通話やビデオ会議を頻繁に行う
②1日のデータ利用量が1GBを超える


 

おすすめの会社

>>> 【ギガWi-Fi】 <<<

 

>>> どこよりもWiFi <<<