Lifetime Blog

written by Tony

【体験談】教員退職後セブ島語学留学へ挑戦!【SMEAGスパルタ校】

f:id:healthwellnesshappy:20200411235432j:plain

 

◆はてな・疑問??

✔セブ島留学を考えている
✔費用・期間・授業・治安など体験談を聞きたい
✔学校の選び方を教えてほしい

 

こんな悩みを解消します。

 

フィリピンセブ島は、語学留学先として
絶大の人気を誇っています。

 

でも、「費用や期間・治安など実際のところどうなの?」
って思っている方も多いはずです。

 

僕自身、2015年に実際にセブ島留学を経験してますので、
僕の体験談も交えながらお伝えしていきます。 

 

◆記事の内容(5分で読めます)

✔学校の選び方
✔費用・学校生活
✔現地で困ったこと
✔持って行った方がいいもの
✔アドバイス 

 

◆◇◆◇記事の信頼性◆◇◆◇

当サイトの筆者TONYはフィリピンセブ島へ
留学経験があります。また帰国後もオンライン英会話を
利用して英語力の維持向上を続けています。
そういった経緯から留学やオンライン英会話といった
英語学習全般について熟知しています。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

学校

f:id:healthwellnesshappy:20200525233749p:plain

僕は、セブ島にあるSMEAGという学校を選びました。
(上記写真の学校です)

 

学校名:SMEAG(エスエムイーエージ)
HP:https://smeag.jp/

 

SMEAGは目的に応じて3つのキャンパスを選べるようになっており、
僕は最も厳しいSPARTA CAMPUS(スパルタキャンパス)というところを
選びました。


せっかく留学するからには、
厳しい環境に身を置きたいと思ったからです。

 

SMEAGは


✅1st CAMPUS⇒SPARTA(スパルタ)
✅2nd CAMPUS⇒CLASSIC(クラシック)
✅3rd CAMPUS⇒
CAPITAL(キャピタル)

の3つのキャンパスがあります。 

 

僕が在学していたころは、
中心繁華街から少し離れた場所にありました。

 

その後移転し、
現在はかなり便利な場所に位置しています。

 

★SMEAG 1st CAMPUS SPARTA

 

セブ島で最もにぎやかな場所、
アヤラモールエリアの徒歩圏内で非常に便利な場所です。

 

学校の見つけ方

学校を見つけた方法ですが、
僕は、エージェント(=代理店)を通じて選びました。

 

エージェントを使うメリットとしては、 


✅数多くある学校を比較し自分に合った学校を選べる
✅航空券の手配・スケジュール作成といったフォロー対応が受けられる

ことが挙げられます。 

 

ただ、中にはエージェントを通さずに、
直接募集している学校もあります。

 

なので、「エージェントの情報」+「自分で調べた情報」の両方を
検討しながら決めるのが効果的です。

 

僕がおすすめのフィリピン留学エージェントは、
「CEBU21」です。

 

★CEBU21
https://www.cebu21.jp/school_compare/

 

カテゴリー別にラインナップされているので、
自分の目的にあった学校を選べます。

 

かかった費用

f:id:healthwellnesshappy:20200703141950p:plain

僕の場合、12週間でおおよそ60万円かかりました。 


これには、「授業料」「寮費」「食費(3食)」
「清掃費」「洗濯費」
が含まれています。

 

部屋タイプは、「1人部屋」「2人部屋」「4人部屋」に分かれ、
「1人部屋」がいちばん高いです。

 

また、上記とは別に
現地で支払わなければいけない費用もあります。

 

内訳は以下の通りです。

 

■内訳
・入学金
・到着時の空港出迎え費
・教材費
・ビザ関連費 など

 

上記はおおよそ10万円かかりました。


なので、プライベートに使う遊興費を除くと
トータルでおおよそ70万円かかりました。 

 

※後述しますがかなり厳しい学校だったため、
 僕の場合ほとんど遊興費は使いませんでした

 

学校生活

f:id:healthwellnesshappy:20200605215539p:plain
SMEAG Sparta Campusは、
セブ島の語学学校の中でも1・2を争うくらいの厳しい学校でした。

 

何が厳しかったのかというと、
ずばり「時間割」です。

 

具体的には、 


✅月~金は朝6:30~夜21:00まで授業
✅土は午前中テスト

✅平日(月~木)は外出禁止
✅金土日の夜は門限が22時まで
(外出許可も必要)


上記の内容です。

 

授業形態は、マンツーマンや1:4といった少人数グループ制
の授業がメインです。

 

フィリピン留学の特長でもあるのですが、

 

マンツーマンを中心とした、
カリキュラム詰込み型の語学学校がほとんど
です。

 

分からないことも手取り足取り教えてくれるので、
このスタイルはほんとよかったです。

 

現地生活で困ったこと

f:id:healthwellnesshappy:20200605222955p:plain

厳しい学校というのは事前に知っていたので、
学校生活に対しての不満や困ったことはありませんでした。

 

僕が現地生活でいちばん困ったことは、
食あたりです(笑)

 

お店で買った食料品を食した日の夜に、
なぜかお腹をこわしてしまいました。

 

帰国3週間前の出来事だったのですが、それから帰国手前
まで水も食事もほとんど喉を通らなかったです。

 

そのおかげで、たった3週間で10kgちかくも
体重が落ちました。。。

 

持って行った方がいいもの

f:id:healthwellnesshappy:20200727060556p:plain

1、整腸剤・痛み止め 

 

これは僕の経験にはなってしまいますが、
胃腸薬や痛み止めは持って行った方がいいかと思います。
 
日本の感覚に慣れていると、
海外に出たときどうしてもお腹をこわすことはあります。

 

もちろん近くに病院や薬局もありますが、
日本製の薬はほぼ期待できないです。


頭痛薬や風邪薬・胃薬など普段から使っている薬は、
日本で買ってから現地へ持参した方がいい
です。

 

2、インスタントコーヒー

 

これはコーヒー好きな方限定ですね。


僕はコーヒーが大好きなので、現地のお店によく買い出しに
行ってましたが値段にびっくりです。


瓶詰めで300ペソ以上はします。

 

※僕が現地にいたときは1ペソ≒2.7円でしたので
 810円くらいです

 

コーヒーに限らず、お菓子やカップラーメン・筆記用具など
日本製はとにかく高かったです。

 

なので、日頃からよく使っているものは
日本で買ってから現地へ持参した方が安上がりです。

 

3、モバイルバッテリー

 

現地では停電が頻繁に起きます

 

僕が滞在していた12週間の中でも、
5~6回ほどは経験しました。

 

なので、万が一停電してもスマホが使えるように、
モバイルバッテリーを持っていた方がいいです。

 

上記は充電器とモバイルバッテリーがセットに
なっているので、非常に便利です。

 

アドバイス

f:id:healthwellnesshappy:20200703132951p:plain

欧米留学と比較して、
フィリピン留学はメリットが多いです。

 

留学先として選ぶのは非常にGOODな場所です。

 

※フィリピン留学と欧米留学の比較については
 こちらの記事でもまとめています。興味のある方は見て下さいね。

 

留学前のアドバイス

ある程度の基礎英語を身につけておいた方がいいです。

 

日常英語を話すうえで最低限必要な知識は、
中学校卒業レベルの「文法」「英単語・熟語」です。

 

ちょうど英検3級と同レベルです。

 

なので、基礎英語に不安があれば、
留学前に英検3級のテキストで復習した方がいいです。

 

 

学校選びのアドバイス

学校を選ぶ際のアドバイスとしては、
以下の通りです。


✅遊びや自由も満喫したい→校則が緩めの学校
✅徹底して英語を学びたい→校則が厳しい学校(スパルタ)
✅TOEICの点数を上げたい→TOEIC対策に特化している学校

上記のように、必ず自分の目的に応じた
学校を選ぶようにしましょう。

 

そうでないと、せっかく投じたお金と時間が
無駄になってしまいます。 

 

昔と比べ、今ではフィリピン留学は
かなりメジャーになっています。

 

なのでたくさんの情報が世の中にありますし、
分からなければすぐに調べられます。

 

自分が納得した学校を選べるように、
して下さいね。

 

★おすすめのエージェント<CEBU21>
https://www.cebu21.jp/school_compare/

 

帰国後のアドバイス

留学前は、留学の準備に気を取られて
帰国後のことを見落としがちです。

 

でも、帰国後の方がよっぽど重要です。

 

理由は、英語を学ぶ目的によって、
帰国後の過ごし方が違ってくるからです。

 

★帰国後の過ごし方


✅日常英語を学びたい→オンライン英会話を受講
✅ビジネス英語を学びたい→専門のスクールに通う
✅TOEICの点数を上げたい→TOEICを受験する

といったように、自分が英語を学ぶ目的に応じた
最適な行動をとることが大切です。

 

例えば、日常英語を身に着けたいのにTOEICを受験するのは
間違った学習方法です。

 

時間とお金を無駄にしますし、挫折の原因にもなります。
(実際僕がそうでした)

 

「なぜ英語を学びたいのか?」
「目的に応じた学校選び」
「目的に応じた帰国後の過ごし方」

 

上の3つが最も大切なことです。

 

さいごに

最後に、僕が好きな英語のことわざを
紹介します。


✅Rome was not built in a day.
(ローマは一日にして成らず)

 

日本人にとって英語は「外国語」です。
当然すぐにしゃべれるはずはありません。

 

「時間がかかる」ことをきちんと認識しましょう。

 

英語学習の目的目的達成のための手段が間違っていなければ、
おのずとゴールは見えてきます。

 

僕も、帰国後5年以上たちますが
DMM英会話のオンライン学習を今も続けています。

 

日々勉強です!