Lifetime Blog

written by Tony

格安SIM11社を徹底比較【どのSIMがおすすめ?】

f:id:healthwellnesshappy:20200904132203p:plain

◆はてな・疑問??

✔格安SIMに乗り換えようと思っている
✔おすすめの会社はどこ?

 

こんな悩みを解消します。

 

たくさんある格安SIMの中から、自分に合った会社を選ぶのって大変ですよね。

 

そこで今日は、格安SIM11社と、その中でもおすすめの上位5社を合わせて紹介します。

 

ぜひ、最後までご覧くださいませ。

 

◆記事の内容(5分で読めます)

✔特におすすめの上位5社をまずは紹介
✔格安SIM11社を詳しく解説&総合評価

 

◆◇◆◇記事の信頼性◆◇◆◇

当サイトの筆者TONYは、2016年に大手キャリアから格安SIMに乗り換えて以来、格安SIMの特長や仕組みに詳しいです。また、当サイトにて格安SIM各社の比較記事も執筆しており、格安SIMの価格相場やサービス内容についても熟知しています。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

おすすめの上位5社

f:id:healthwellnesshappy:20200803150337p:plain

11社の中で、僕が特におすすめする上位5社を先に紹介します。

 

★おすすめ格安SIM5社


1位:楽天モバイル
2位:BIGLOBEモバイル
3位:DTI SIM
4位:OCN モバイル ONE
5位:UQモバイル

 

上位5社と合わせて、合計11社を以下で詳しく解説していきます。

 

楽天モバイル(1位)

f:id:healthwellnesshappy:20200904140049p:plain

引用元:楽天モバイル

 

公式サイトはこちら>>>楽天モバイル

 

料金プラン(税別)

Rakuten UN-LIMIT V

プラン料金
2,980円/月

データ通信
楽天回線エリア完全使い放題
パートナー回線エリア5GB/月(超過後も最大1Mbpsで使い放題)

通話
専用アプリ利用で「国内通話かけ放題」

 

向いている人


①大都市圏(首都圏・大阪・名古屋)に住んでいる方
②データを多めに使う方
③電話を頻繁に使用する方
④初期費用を抑えたい方
⑤海外によく行く方

 

メリット6点


①サービスの割に価格が安くコスパGOOD
②国内通話0円
③初期費用をかなり抑えられる
④最低利用期間・違約金無し
⑤海外でも利用可能
⑥楽天ポイントが使える・貯まる

 

デメリット1点


①楽天回線エリアが限られている

 

総合評価

楽天回線エリアなら完全使い放題パートナー回線エリアも最大1Mbpsで使い放題なので、データを多く使う方向けにおすすめです。

 

国内通話も、専用アプリを使えば時間・回数無制限でかけ放題です。(オプションではなく、最初からプランに組み込まれています)

 

楽天回線エリアが限られているのが、唯一デメリットです。

 

とはいえ、最大1Mbpsでも普段使いはほぼ問題ないですし、今後楽天回線エリアの拡充も期待できます。

 

「最低利用期間・違約金もなし」「初期費用3,000円もポイント還元」「開通1年間は料金無料」と他社では見られない破格のサービスも魅力です。

 

上記理由から1位にしました。

 

関連記事:
楽天モバイルの評判・口コミ【メリット6点・デメリット1点】

 

>>> 楽天モバイル <<<

 

BIGLOBEモバイル(2位)

f:id:healthwellnesshappy:20200904142037p:plain

引用元:BIGLOBEモバイル

 

公式サイトはこちらから>>>BIGLOBEモバイル

 

料金プラン(税別)

f:id:healthwellnesshappy:20201202072944p:plain

引用元:BIGLOBEモバイル

 

向いている人


①初期費用を抑えたい方
②月々の料金を抑えたい方
③機種変更を考えている方

 

メリット4点


①音声通話SIM特典
②端末セット特典
③初月無料
④データ繰り越しOK(3ギガプラン以上)

 

デメリット1点


①追加チャージが高い

 

総合評価

BIGLOBEモバイルは、割引特典が充実しているのが特長です。

 

「音声通話SIM特典」は最初の6ヶ月間900円の割引が受けられ、「端末セット特典」は対象端末をセットで購入すると最初の6ヶ月間900円の割引(音声通話SIM3GB以上)&最大18,000円相当のポイント還元が受けられます。

 

月々の価格も、音声SIM3GBで1,600円と安めです。

 

データ追加チャージが100MB300円と高めなのが、唯一デメリットです。

 

上記理由から2位にしました。

 

関連記事:
BIGLOBEモバイルの評判・口コミ【デメリット1点・メリット4点】

 

>>> BIGLOBEモバイル <<<

 

DTI SIM(3位)

f:id:healthwellnesshappy:20200904144919p:plain

引用元:DTI SIM

 

公式サイトはこちらから>>>DTI SIM

 

料金プラン(税別)

f:id:healthwellnesshappy:20200707173637p:plain

引用元:DTI SIM

 

向いている人


①毎日たくさんのデータ量が必要な人
②1人暮らしなどで、身近にWi-Fi環境がない人

 

メリット4点


①価格が安い
②たくさんのデータ量を消費できる
③身近にWi-Fi環境がなくても、テザリングとして十分満足できる
④データチャージが安い

 

デメリット1点


①契約解除料が高い(音声SIMの場合、12か月以内の解約は9,800円)

 

総合評価

DTI SIMは、「毎日1.4ギガ使い切り」プランが何よりの特長です。

 

1日の間で1.4GB以内であればいくらでも使い放題で、翌日になったらリセットされます。うまくやり繰りでできれば、月に40GB以上を使える計算になります。

 

わざわざモバイルWi-Fiを契約しなくても、この量ならテザリング※としてPCや周辺機器にデータを供給することも十分可能です。

 

月額料金も、音声SIM3GBで1,490円とかなり安めです。

 

契約解除料が9,800円と、格安SIMとしては高めなのが唯一デメリットかなと。

 

上記理由から3位にしました。

 

関連記事:
DTI SIMの評判・口コミ【デメリット2点・メリット4点】

 

※DTI SIM自体にテザリング制限はないようです。あくまで機種側によるものなので、心配な方は念のためご自身で確認してくださいね。

 

f:id:healthwellnesshappy:20210108232450p:plain

引用:DTI SIM

 

>>> DTI SIM <<<

 

OCN モバイル ONE(4位)

f:id:healthwellnesshappy:20200904151249p:plain

引用元:OCNモバイルONE

 

公式サイトはこちらから>>>OCN モバイル ONE

 

料金プラン(税別)

音声SIM

f:id:healthwellnesshappy:20200708162335p:plain

引用元:OCNモバイルONE

 

データSIM(SMS付き)

f:id:healthwellnesshappy:20200708163158p:plain

引用元:OCNモバイルONE

 

データSIM(SMS無し)

f:id:healthwellnesshappy:20200708163302p:plain

引用元:OCNモバイルONE

 

向いている人


①格安SIM初心者の方
②なるべく料金を抑えたい
③長く続けられるか不安
④大手キャリアとなるべく同じサービスを受けたい

 

メリット5点


①月額料金が安い
②最低利用期間・違約金がなし
③データ追加チャージが安い
④容量シェアが可能
⑤NTT系列(NTTドコモのサブブランド)

 

デメリット1点


①割引特典やお得なサービスがない

 

総合評価

OCN モバイル ONEは、最低利用期間・違約金もなく、月額料金が安いのが何よりの特長です。

 

また、1GB500円で追加チャージができます。これは格安SIM各社の中でも最安級です。
万一使いすぎても気軽にチャージできるので、安心して過ごせますね。

 

運営会社がNTTコミュニケーションズなので、ドコモ系列といえますね。ドコモ回線利用各社の中でも、通信速度はダントツ1位の調査結果も出ています。

 

ただ、割引特典などが充実していないのが唯一デメリットかなと。

 

上記理由から4位にしました。

 

関連記事:
OCN モバイル ONEの評判・口コミ【メリット5点】

 

>>> OCN モバイル ONE <<<

 

UQモバイル(5位)

f:id:healthwellnesshappy:20200815155446p:plain

引用元:UQモバイル

 

公式サイトはこちらから>>>UQモバイル

 

料金プラン(税別)

スマホプラン(音声通話SIM)

◆スマホプランS

月額料金:1,980円/月(家族割2台目以降は1,480円/月)
データ容量:3GB/月
節約モード時(データ消費無し):最大300Kbps

 

◆スマホプランR

月額料金:2,980円/月(家族割2台目以降は2,480円/月)
データ容量:10GB/月
節約モード時(データ消費無し):最大1Mbps

 

データプラン(データSIM)

◆データ高速プラン

月額料金:980円/月
データ容量:3GB/月(受信最大225Kbps・送信最大25Kbps)
データ超過後:送受信最大200Kbps

 

◆データ無制限プラン

月額料金:1,980円/月
データ容量:無制限(送受信最大500Kbps)

 

向いている人


①長く続けられるか分からない方
②電話をよくかける方
③SNSやYouTubeをよく利用する方
④何かあった時はショップに頼りたい方

 

メリット5点


①解約金がかからない
②KDDIへ統合予定
③節約モード時の速度が速い
④完全電話かけ放題オプションがある
⑤UQスポットが全国にある

 

デメリット1点


①速度制限がある

 

総合評価

UQモバイルは、違約金がなくデータを使い切った後でも最大1Mbpsで使い放題なのが特長です。(スマホプランR)

 

また、時間・回数制限無しの完全電話かけ放題オプションもあります。(1,700円/月)

 

全国にUQスポットがあるので、店舗での説明やサービスを受けたい方にもおすすめです。

 

ただ、直近3日間の利用データ量が6GBを超えると速度制限がかかってしまう点が、唯一デメリットかなと。

 

上記理由から5位にしました。

 

関連記事:
UQ mobileの評判・口コミ【メリット5点・デメリット1点】

 

>>> UQモバイル <<<

 

エキサイトモバイル

f:id:healthwellnesshappy:20200711195457p:plain

引用元:エキサイトモバイル

 

公式サイトはこちらから>>>エキサイトモバイル

 

料金プラン(税別)

でんわパックプラン

f:id:healthwellnesshappy:20200711171412p:plain

引用元:エキサイトモバイル

 

最適料金プラン

f:id:healthwellnesshappy:20200711171844p:plain

引用元:エキサイトモバイル

 

定額プラン

f:id:healthwellnesshappy:20200711171931p:plain

引用元:エキサイトモバイル

 

向いている人


①電話を多くする方
②初期費用を抑えたい方
③使った分だけ支払いたい方
④複数人でデータシェアをしたい方

 

メリット4点


①電話を多くする方にとっては、選択肢が多くお得
②初期費用がかからない(でんわパックプランのみ)
③データ追加チャージが安い(580円/1GB)
④データシェア制度が充実(最適料金プラン・定額プラン)

 

デメリット1点


①電話をめったにしない方にとっては、選択肢が少ない

 

総合評価

エキサイトモバイルは、電話を重視する方に特に向いている会社です。でんわパックプランなら、L以外だと最初から無料通話がついています。

 

また、でんわパックプランだと初期費用はかからないデータ追加チャージも安いです。(580円/1GB)

 

最適料金プランと定額プランだと、1契約=最大5枚のSIMカードまでデータシェア可能。

  

ただ、電話をあまりかけない人にとっては選択肢が少ないので、その点がデメリットかなと思います。

 

関連記事:
エキサイトモバイルの評判・口コミ【デメリット1点・メリット4点】

 

>>> エキサイトモバイル <<<

 

LINEモバイル

f:id:healthwellnesshappy:20200831070125p:plain

引用元:LINEモバイル

 

公式サイトはこちらから>>>LINEモバイル

 

料金プラン(税別)

f:id:healthwellnesshappy:20200831071545p:plain

引用元:LINEモバイル

 

向いている人


①安さを求める方
②初期費用を抑えたい方
③長く続けられるか分からない方
④LINEをよく使っている方
⑤自分の好きなキャリアを選びたい方

 

メリット5点


①相場と比べ月額料金が安い
②解約事務手数料が安い
③LINEデータフリーが0円で利用できる
④3ヶ月間の割引キャンペーンがある
⑤3キャリアから回線を選べる

 

デメリット1点


①利用期間に関係なく1,000円の違約金がかかる

 

総合評価

LINEモバイルは、月額料金の安さ・解約金の安さ・LINEデータフリーの3点が最大の特長かと思います。

  

LINEは一切データ消費にカウントされないので、日頃からLINEを使っている方にはかなりおすすめです。

 

また、初月は日割り計算2~4月目も音声SIM3GB以上だと980円の割引を受けられます。

 

回線も3キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)から選択可能。

 

ただ、1,000円の解約金は利用期間にかかわらず発生するので、長く利用している方にとっては不満材料かと思います。

 

関連記事:
LINEモバイルの評判・口コミ【メリット5点・デメリット1点】

 

>>> LINEモバイル <<<
f:id:healthwellnesshappy:20200831070034p:plain

 

イオンモバイル

f:id:healthwellnesshappy:20200901052407p:plain

引用元:AEONモバイル

 

公式サイトはこちらから>>>イオンモバイル

 

料金プラン(税別)

音声プラン

・200MB(60歳以上限定)・・・980円
・500MB・・・1,130円
・1GB・・・1,280円
・2GB・・・1,380円
・4GB・・・1,580円
・6GB・・・1,980円
・8GB・・・2,680円
・12GB・・・3,280円
・20GB・・・4,680円
・30GB・・・5,680円
・40GB・・・6,980円
・50GB・・・8,980円

 

データプラン

・1GB・・・480円
・2GB・・・780円
・4GB・・・980円
・6GB・・・1,480円
・8GB・・・1,980円
・12GB・・・2,680円
・20GB・・・3,980円
・30GB・・・4,980円
・40GB・・・6,480円
・50GB・・・8,480円

 

シェア音声プラン(最初の1枚目)

・4GB・・・1,780円
・6GB・・・2,280円
・8GB・・・2,980円
・12GB・・・3,580円
・20GB・・・4,980円
・30GB・・・5,980円
・40GB・・・7,280円
・50GB・・・9,280円

 

向いている人


①安さを求める方
②長く続けられるか分からない方
③複数デバイス、ご家庭をお持ちの方
④幅広く柔軟に対応してほしい方

 

メリット6点


①相場と比べ月額料金が安い
②解約金が0円
③容量プランが幅広い
④追加チャージが安い
⑤シェア音声プランだと5人までシェア可能
⑥全国のイオン店舗で申込み可能

 

デメリット1点


①au回線だと速度制限がある

 

総合評価

イオンモバイルは、月額料金の安さと解約金が無いことが、何よりの特長かと思います。

 

音声SIM4GBで1,580円なので、相場と比べてもかなり安い方です。

 

また、容量プランもかなり細かく分けられていますし、シェア音声プランだと最大5枚まで容量をシェアできます。

 

追加チャージも1GB480円と、破格の安さです。

 

ただ、au回線だと速度制限(直近3日間で6GBを超えた場合)があるので、その点がデメリットかと思います。

 

関連記事:
イオンモバイルの評判・口コミ【メリット6点・デメリット1点】

 

>>> イオンモバイル <<<
f:id:healthwellnesshappy:20200901053859p:plain

 

LIBMO

f:id:healthwellnesshappy:20200905073028p:plain

引用元:LIBMO

 

公式サイトはこちらから>>>TOKAIグループの格安モバイル【LIBMO(リブモ)】

 

料金プラン(税別)

f:id:healthwellnesshappy:20200710173125p:plain

引用元:LIBMO

 

向いている人


①初期費用をなるべく抑えたい
②1年続けられるか不安
③複数人でシェアしたい方
④学生さんで、現在オンライン授業を受けている方

 

メリット5点


①料金が安い(1年以上使えば、半年間は割引される)
②1年続くか不安な場合も、フレキシブルに対応可
③データシェア制度が充実
④学生向けのサポートが充実
⑤追加データチャージが安い

 

デメリット1点


①通話オプションに加入しないと、一律で20円/30秒の料金がかかる

 

総合評価

LIBMOは、月額料金の安さもそうですが、「音声サポートプログラム」適用だと半年間600円の割引を受けられます。

 

また、長く続けられるか分からない方には、「契約解除料0円プログラム」を選べば、最低利用期間・違約金を免除できます。(いつ解約しても違約金無しです)

 

1GB500円データ使いチャージも可能。

 

24歳以下だと「学生支援30」を適用し、10GBの料金で30GBのデータ量を利用できます。

 

デメリットとしては、通話オプションに加入しないと通話割引が受けられないことですね。

 

関連記事:
LIBMOの評判・口コミ【デメリット1点・メリット5点】

 

>>TOKAIグループの格安モバイル【LIBMO(リブモ)】<<

 

nuro mobile

f:id:healthwellnesshappy:20200714174016p:plain

引用元:nuroモバイル

 

公式サイトはこちらから>>>nuro mobile

 

料金プラン(税別)

ドコモ回線

f:id:healthwellnesshappy:20200714174320p:plain

引用元:nuroモバイル

 

au回線

f:id:healthwellnesshappy:20200714174449p:plain

引用元:nuroモバイル

 

ソフトバンク回線

f:id:healthwellnesshappy:20200714174615p:plain

引用元:nuroモバイル

 

向いている人


①初期費用を抑えたい方
②回線の選択肢を増やしたい方
③月によってデータ使用量にバラツキがある方
④ある程度使ってから続けるかどうか判断したい方

 

メリット4点


①初期費用をうまく抑えられる
②キャリア回線の選択肢が多い
③月をまたいで、データのやり繰り・融通がうまく利く
④解約金が毎月1,000円ずつ減額する

 

デメリット1点


①大容量プランを求めている方からすれば、少し心許ない

 

総合評価

nuro mobileは、初月の月額料金が無料です。

 

回線も3キャリアから選択可能。

 

データ繰り越しや追加チャージだけでなく、「データの前借り」もできます。例えば今月分のデータが足りなくなったら、来月分から前借りすることが可能です。月をまたいでうまくやり繰りできるので、節約できますね。

 

また、条件を満たせば「100円ぽっきり特典」を受けることもできます。音声SIMに限り、2~4ヶ月目が月額料金がなんと100円です。

 

<条件①:【音声通話付きのS・M・Lプランのいずれかに、新規または他社からのお乗り換え(MNP)でお申し込み】 条件②:【特典の適用期間中、お申し込み時のデータ容量を下回るプランへ変更をせず利用を継続】>

 

デメリットは、最も大きいLプランでも13GBしかないことです。たくさんのデータ量が欲しいという方には不向きかと思います。

 

関連記事:
nuro moblieの評判・口コミ【デメリット1点・メリット4点】

 

>>> nuro mobile <<<

 

ロケットモバイル

f:id:healthwellnesshappy:20200731082609p:plain

引用元:ロケットモバイル

 

公式サイトはこちらから>>>ロケットモバイル

 

料金プラン(税別)

Dプラン(docomo回線)

f:id:healthwellnesshappy:20200731085618p:plain

引用元:ロケットモバイル

 

プラン(S)(softbank回線)

f:id:healthwellnesshappy:20200731085752p:plain

引用元:ロケットモバイル

 

プラン(A)(au回線)

f:id:healthwellnesshappy:20200731085902p:plain

引用元:ロケットモバイル

 

向いている人


①初期費用を抑えたい方
②ある程度自分の利用ペースを把握できる人
③2台目のサブとしての利用を考えている方

 

メリット4点


①神プランだと、最安で月額298円
②初月の月額料金は無料
③「今すぐプラン変更」だと、データ追加チャージがお得
④友達紹介でロケモバポイントが貯まる

 

デメリット1点


①通信速度制限がある

 

総合評価

神プランだと、298円/円という破格の安さです。200Kbpsなので速度は限られますが、「2台目としてのサブ」「あまりデータを消費しないサービス」に割り切って使うのは向いているかと思います。

 

初月の月額料金が無料ですし、月額料金そのものも安いです。

 

「今すぐプラン変更」といって当月内に上位容量へ変更が可能なので、追加チャージするよりも安上がりとなります。

 

デメリットとしては速度制限です。直近3日間の使用データ量が規定値を超えると、200Kbpsまで速度制限が行われます。

 

関連記事:
ロケットモバイルの評判・口コミ【メリット4点・デメリット1点】

 

>>> ロケットモバイル <<<
ロケットモバイル

 

格安SIM11社を比較:まとめ

f:id:healthwellnesshappy:20200727060556p:plain

格安SIM11社をまとめました。

 

自分のニーズに応じた会社を選ぶのがいちばん大切です。

 

上位5社で見ると

★電話重視→楽天モバイル
★データ重視→楽天モバイル・DTI SIM・UQモバイル
★安さ重視→BIGLOBE MOBILE・OCN モバイル ONE

 

といえますね。

 

たくさんの格安SIM会社があるので、自分のニーズに合ったところが必ず見つかるはずです。

 

まとめ


★1位:楽天モバイル(公式サイトはこちら>>>楽天モバイル
★2位:BIGLOBE MOBILE(公式サイトはこちらから>>>BIGLOBEモバイル
★3位:DTI SIM(公式サイトはこちらから>>>DTI SIM
★4位:OCN モバイル ONE(公式サイトはこちらから>>>OCN モバイル ONE
★5位:UQ モバイル(公式サイトはこちらから>>>UQモバイル
■エキサイトモバイル(公式サイトはこちらから>>>エキサイトモバイル
■LINE モバイル(公式サイトはこちらから>>>LINEモバイル
■イオンモバイル(公式サイトはこちらから>>>イオンモバイル
■LIBMO(公式サイトはこちらから>>>TOKAIグループの格安モバイル【LIBMO(リブモ)】
■nuro mobile(公式サイトはこちらから>>>nuro mobile
■ロケットモバイル(公式サイトはこちらから>>>ロケットモバイル

 

本日は以上です。最後までお読み頂きありがとうございました。