Lifetime Blog

on OKINAWA

【災害時にも役立つ】おすすめソーラーチャージャー3つを紹介

f:id:healthwellnesshappy:20200630172830p:plain

◆はてな・疑問??

✔ソーラーチャージャーを購入したい
✔災害時の停電に備えたい
✔ソーラーチャージャーの選び方やおすすめ商品はどれ?

 

こんな悩みを解消します。

 

ソーラーチャージャーとは、太陽光を利用して電気を発電できる機器のことです。

 

電源の確保が難しいアウトドア災害時にも重宝する便利なアイテムです。

 

そこで、今日は「ソーラーチャージャーの特長」「種類・選び方」「おすすめ3つ」を紹介します。 

 

◆記事の内容(5分で読めます)

✔ソーラーチャージャーの特長
✔ソーラーチャージャーの種類・選び方
✔おすすめ3つを紹介
   

 

◆◇◆◇記事の信頼性◆◇◆◇

当サイトの筆者TONYは、ガジェット系専門ブロガーとして、PCやスマホといったデジタルガジェット全般の記事を執筆しています。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

ソーラーチャージャーの特長

f:id:healthwellnesshappy:20200807160457p:plain

ソーラーチャージャーは、太陽光を利用して電気を生み出すアイテムで、最大の特長が
「電源を必要としない」ことです。


電源がなくても太陽光さえあれば電気を生み出せるので、アウトドアや災害時にも役立つアイテムとして非常に注目されてます。

 

ソーラーチャージャーのメリット

ソーラーチャージャーのメリットは、以下の通りです。

 

1、電源を必要としない
2、持ち運べるのでどこでも使える

  

 

1、電源を必要としない

太陽光さえあれば電気を生み出せるので、周りに電源のない場面で非常に役立ちます。

 

また、日本は地震・台風といった災害が多いので、停電時にもにもかなり役立つアイテムです。

 

2、持ち運べるのでどこでも使える

すっぽり手に収まるものや、折りたたんだりして持ち運び可能なものがほとんどです。

 

場所を選ばないのが便利ですね。

 

ソーラーチャージャーのデメリット

ソーラーチャージャーのデメリットは、以下の通りです。

 

1、天候に左右される

  

 

1、天候に左右される

太陽光を利用するので、曇りや雨天時には発電できないのがデメリットといえます。

 

ソーラーチャージャーの選び方

f:id:healthwellnesshappy:20200630131000p:plain

ソーラーチャージャーは、大きく分けると以下の2種類があります。

 

1、高出力タイプ
2、モバイルタイプ

  

 

1、高出力タイプ

太陽光をフルに活用し、多くの電力を供給できるタイプです。

 

メリット

高出力なので、多くのデバイスへ長時間電力供給ができます。

 

また、折り畳み可能なので、持ち運びにも便利です。

 

デメリット

多くの電力を生み出すためには、たくさんのソーラーパネルが必要です。広げるとけっこうな大きさになりますし、重さもあります。

 

また、それ自体に蓄電機能(=バッテリー)はなく、発電しかできません。

 

ただ、別売りのポータブル電源と併用することで、発電した電気を貯めておきあとで使うことも可能です。

 

向いている人

アウトドアや災害時に備えておきたい、といった方に向いています。

 

高出力なので長時間電源の確保が難しい場面でも活躍しますし、複数デバイスへの電力供給も可能です。

 

2、モバイルタイプ

軽くて小さいので、持ち運びが非常に楽なのが特長です。

 

メリット

カバンやポケットにも入るので、持ち運んでどこでも使えます

 

また、モバイルバッテリーとして作られているので、それ自体に蓄電機能(=バッテリー)も備わっています

 

日中に電気を発電し貯めておき、夜になってから使うといったことも可能です。

 

デメリット

発電できる容量が、限られていることです。

 

持ち運びを売りにした商品なので、高出力タイプと比べやはりその点は劣ってしまいます。

 

向いている人

日常生活向けに作られた商品なので、普段使いを前提にしている方に向いています。

 

軽くて持ち運びも楽なので、車のダッシュボードなどに置いておき、すき間時間を有効活用して発電できます。

 

また、運動会や野外ライブなど、屋外にいる時間が多い場面にも向いてますね。

 

おすすめ3つを紹介

f:id:healthwellnesshappy:20200630150607p:plain

おすすめ機種3つを紹介します。

 

高出力タイプ

高出力タイプでおすすめのソーラーチャージャーは、以下の商品です。

 

Beaudens ソーラーパネル 100W

 

折り畳み時:48cm×36.5cm×6.6cm
展開時:152cm×48cm×5.5cm
重さ:4.5kg
出力:Type-C(5-20V/3A)・QC 3.0 (5-12V/2A)・USB(5V/2.0A)・DC(18V/5.55A)
変換効率:23%

 

100Wの高出力タイプです。


出力方法も4タイプあるので、さまざまな用途・デバイスにも活用できます。

 

太陽光から電気に変換するときのロスをどれくらい抑えられるか示す指標が「変換効率」で、理論上は30%が限度とされています。

 

「Beaudens ソーラーパネル 100W」の変換効率は23%なので、かなり高い方です。

  

関連記事:
ソーラーパネル「Beaudens 100W BS-1001」の評判・口コミ【メリット4点・デメリット1点】

 

DC出力もあるので、別売りのポータブル電源へ供給も可能です。(以下で紹介します)

 

Beaudens ポータブル電源(別売り)

 

サイズ:17.2cm×15cm×8cm
重さ:2.2kg
バッテリー容量:52,000mAh
充電:コンセント、ソーラー、カーソケット
出力:AC出力×1、DC出力×2、USB×3

 

バッテリーとして蓄電できるし、AC出力にも対応してるので一般家電製品へも給電可能です。

 

上記ソーラーチャージャーとの相性は抜群。アウトドアや災害時に非常に役立ちます。

 

関連記事:
ポータブル電源「Beaudens B-1502-JP」の評判・口コミ【メリット3点・デメリット1点】

 

モバイルタイプ

モバイルタイプでおすすめのソーラーチャージャーは、以下2つです。

 

iposible モバイルバッテリー ソーラー 26800mAh

 

サイズ:15cm×7.5cm×1.5cm
バッテリー容量:26,800mAh
入力(充電):ソーラー、micro USB
出力:USB×2

 

モバイルタイプにもかかわらず、26,800mAhの大容量バッテリーが特長です。

 

iPhone11だと約6回、iPad miniだと約2.5回のフル充電ができます。

 

BLAVOR ソーラーモバイルバッテリー

 

サイズ:15cm×7.5cm×2cm
重量:270g
バッテリー容量:10,000mAh
入力(充電):ソーラー、micro USB、Type-C
出力:ワイヤレス(Qi)×1、USB×1
防水:IPX4
その他:LEDライト×2、カラビナとコンパス付き

 

ワイヤレス出力に対応しているのが、最大の特長です。

 

Qi規格対応のスマホなら、USBケーブルが無くても充電可能。

 

また、ワイヤレスとUSBの同時出力も可能なので、2台一緒に充電することもできます。

 

防水・LEDライトもついているので、キャンプなどのアウトドアには最適ですね。

 

ソーラーチャージャー3つを紹介:まとめ

f:id:healthwellnesshappy:20200807153131p:plain

【ソーラーチャージャーの種類】


1、高出力タイプ
2、モバイルタイプ

 

 

【高出力タイプの特長】


1、多くのデバイスへ給電可能
2、折り畳んで持ち運びもできる
3、アウトドアや、災害時の備えに向いている

 

 

【モバイルタイプの特長】


1、持ち運びが非常に楽
2、バッテリーがついているので蓄電も可能
3、普段使いに向いている

 

 

【おすすめの機種3つ】

 ★高出力タイプ

 

→別売りのポータブル電源

 

★モバイルタイプ①

 

★モバイルタイプ②

 

「ソーラーチャージャーの特長」「種類・選び方」「おすすめ3つ」を紹介しました。 

  

日本は地震や台風などの災害も多いですよね。

  

本日紹介した上記3つは特におすすめです。ぜひ自分に合った機種を見つけてくださいね。

 

本日は以上です。最後までお読み頂きありがとうございました。