Lifetime Blog

written by Tony

Anker PowerCore 5000の評判・口コミ【メリット3点・デメリット1点】

f:id:healthwellnesshappy:20200923013458p:plain

◆はてな・疑問??

✔モバイルバッテリーを購入予定
✔Anker PowerCore 5000の性能や評判とか気になる

 

こんな悩みを解消します。

 

Anker社はモバイルバッテリーメーカー最大手の1つで、信頼性も知名度も高いです。でも、初めて使う場合だと性能とか口コミって気になりますよね?

 

そこで、今日はAnker社が販売している「Anker PowerCore 5000」「性能」「評判・口コミ」「メリット・デメリット」について紹介します。

 

◆記事の内容(5分で読めます)

✔Anker PowerCore 5000の性能
✔Anker PowerCore 5000の評判・口コミ
✔Anker PowerCore 5000のメリット3点・デメリット1点
   

 

◆◇◆◇記事の信頼性◆◇◆◇

当サイトの筆者TONYは、ガジェット系専門ブロガーとして、PCやスマホ・Wi-Fiといったデジタルガジェット全般の記事を執筆しています。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

Anker PowerCore 5000の性能

f:id:healthwellnesshappy:20200923013458p:plain

画像引用元:Anker社HPより

 

商品名:Anker PowerCore 5000
バッテリー容量:5,000mAh
入力:micro USB(5V=2A)
出力:USB(5V=2A)
サイズ:108 x 33 x 33mm
重さ:134g
PowerIQVoltageBoostに対応(最大2A)

 

性能はざっと上記の通りです。


以下詳しく説明していきますね。

 

バッテリー容量

PowerCore 5000のバッテリー容量は「5,000mAh」です。

 

「5,000mAh」だと一般的なスマートフォンを約1回分充電できる量です。具体的には、「iPhone 11 Proだと1.2回分」「Xperia XZ2 だと1.1回分」充電できます。

 

また、タブレットの充電も可能で「iPad Proだと0.5回分」充電可能です。

 

入力と出力

入力時(PowerCore 5000へ充電時)はmicro USB端子出力時(PowerCore 5000からスマホやタブレットへ充電時)はUSB端子をそれぞれ使用します。

 

サイズと重さ

サイズは108 x 33 x 33mm、重さは134gです。円柱型で非常にコンパクトで軽いので、カバンやポケットに入れて簡単に持ち運べます。

 

PowerIQって何?

PowerIQとは、接続された機器を自動的に検出しその機器に応じた最大のスピードで急速充電してくれるAnker社独自の仕組みです。

 

例えば、iPhoneとAndroid機種では急速充電に必要な最適なスピードは異なります。iPhone向けのスピードでAndroid機種を充電してしまうと、機器の故障にもつながってしまいます。

 

PowerIQのおかげで、機器の違いを自動で検出しその機器に合わせた最大のスピードで充電してくれるので、故障の心配もありません

 

VoltageBoostって何?

VoltageBoostとは、使用するケーブルの抵抗値を自動で調整しスムーズに電流を流す仕組みです。これもAnker社独自の技術です。

 

純正品以外のケーブルだと質が悪いことが多く、充電時にロスが発生する場合があります。VoltageBoostの技術があればそのようなロスも軽減してくれます。

 

 

PowerCore 5000の評判・口コミ

f:id:healthwellnesshappy:20200731113404p:plain

PowerCore 5000の評判・口コミをまとめます。

 

引用元:価格ドットコムHP

 

【充電時間】
就寝前に充電して朝には完了するので気にならない。
私的には2個ほど購入して交互に使用している。

 

【発熱性】
熱くはないが気にならない程度の発熱はある。
他のモバイルバッテリーも同程度なので気にならない。

 

【携帯性】
最近のスマホよりも小さいので携帯性は非常に良い。
容量は少ないが普段持ち歩くならコレくらいが丁度よい。

 

評判・口コミのまとめ

ネガティブな口コミが無いのが安心ですね。非常にコンパクトなので、それについての満足な口コミも見られます。

 

PowerCore5000のメリット・デメリット

f:id:healthwellnesshappy:20200727084221p:plain

PowerCore5000のメリット・デメリットを
それぞれまとめます。

メリット3点

メリットと感じるのは以下3点かと思います。


①安心と信頼のAnker社製
②非常にコンパクトで軽く持ち運びに便利
③PowerIQ・VoltageBoostに対応

 

それぞれ解説していきます。

 

①安心と信頼のAnker社製

充電製品ブランドでAmazon第1位を誇る、非常に信頼性の高い会社です。

 

②非常にコンパクトで軽く持ち運びに便利

高さ10cm×幅3cmの円柱型でスマホよりも小さいです。またわずか134gと非常に軽いです。カバンに入れたりポケットに入れたりと簡単に持ち運べます。

 

③PowerIQ・VoltageBoostに対応

Anker社独自の技術で、接続機器やケーブルに応じて最適な速度で急速充電してくれます。①とかぶりますが、やはりAnker社ならではのメリットいです。

 

デメリット1点

デメリットと感じるのは以下の点かと思います。


①バッテリー容量が少ない

 

PowerCore5000だと、バッテリー容量は5,000mAhです。スマホだと1回分の量なので、もっと充電できる容量を求める方には向いていないかと思います。

 

PowerCore 5000がおすすめな人

f:id:healthwellnesshappy:20200721080653p:plain

PowerCore 5000がおすすめなのは、以下のような方。


✔スマホ1回分の充電で満足な方
✔安さを求める方
✔持ち歩いて使いたい方

 

バッテリー容量は5,000mAhと多い方ではないですが、スマホ1回分は十分に充電可能です。

 

また、メーカー価格は1,899円(税込み)です。信頼性の高いAnker製品としては、非常に安い価格といえます。安さを求める方にも向いています。

 

何よりコンパクトで軽いので持ち運びにも便利です。

 

PowerCore 5000のまとめ

f:id:healthwellnesshappy:20200923013313p:plain

【メリット】


①安心と信頼のAnker製
②非常にコンパクトで軽く持ち運びに便利
③PowerIQ・VoltageBoostに対応

 

【デメリット】


①バッテリー容量が少ない

 

「普段使いで十分」という方には、PowerCore 5000はとってもおすすめです。安心と信頼のAnker製品をこの価格で購入できるので、非常にお得な商品かと思います。