Lifetime Blog

written by Tony

Anker PowerCore Essential 20000の評判・口コミ【メリット5点・デメリット1点】

f:id:healthwellnesshappy:20200930004930p:plain

◆はてな・疑問??

✔モバイルバッテリーを購入予定
✔Anker PowerCore Essential 20000の性能や評判とか気になる

 

こんな悩みを解消します。

 

Anker社はモバイルバッテリーメーカー最大手の1つで、信頼性も知名度も高いです。でも、初めて使う場合だと性能とか口コミって気になりますよね?

 

今日紹介する「PowerCore Essential 20000」は、バッテリー容量が20,000mAhもあり大容量充電に向いています。

 

そこで、今日は「PowerCore Essential 20000」「性能」「評判・口コミ」「メリット・デメリット」について紹介します。

 

◆記事の内容(5分で読めます)

✔Anker PowerCore Essential 20000の性能
✔Anker PowerCore Essential 20000の評判・口コミ
✔Anker PowerCore Essential 20000のメリット5点・デメリット1点
  

 

◆◇◆◇記事の信頼性◆◇◆◇

当サイトの筆者TONYは、ガジェット系専門ブロガーとして、PCやスマホ・Wi-Fiといったデジタルガジェット全般の記事を執筆しています。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

 

 

Anker PowerCore Essential 20000の性能

f:id:healthwellnesshappy:20200930004930p:plain

 

画像引用元:Anker社HPより

 

商品名:Anker PowerCore Essential 20000
バッテリー容量:20,000mAh
入力:micro USB・USB Type-C(5V=2A)
出力:USB(5V=3A)
USBポート:2つ(2台同時充電可能)
サイズ:約158 x 74 x 19 mm
重さ:343g
PowerIQVoltageBoostに対応

 

性能はざっと上記の通りです。

 

以下詳しく解説していきますね。

 

バッテリー容量

PowerCore Essential 20000のバッテリー容量は「20,000mAh」です。

 

「20,000mAh」だと一般的なスマートフォンを約4.5回・タブレットを約2.5回充電できる量です。

  

入力と出力

入力時(PowerCore Essential 20000へ充電時)はmicro USB・USB Type-C端子出力時(PowerCore Essential 20000からスマホ・タブレットへ充電時)はUSB端子をそれぞれ使用します。

 

USBポート

USB出力ポートは2つあるので、2台のデバイスを同時に充電可能です。

 

サイズと重さ

サイズは158 x 74 x 19mm、重さは343gです。一般的なスマホを2枚重ねたくらいの大きさです。20,000mAhと大容量なのでそれ相応の重さはあります。とはいえ持ち運びには何ら問題ありません。

 

PowerIQって何?

PowerIQとは、接続された機器を自動的に検出しその機器に応じた最大のスピードで急速充電してくれるAnker社独自の仕組みです。

 

例えば、iPhoneとAndroid機種では急速充電に必要な最適なスピードは異なります。iPhone向けのスピードでAndroid機種を充電してしまうと、機器の故障にもつながってしまいます。

 

PowerIQのおかげで、機器の違いを自動で検出しその機器に合わせた最大のスピードで充電してくれるので、故障の心配もありません

 

VoltageBoostって何?

VoltageBoostとは、使用するケーブルの抵抗値を自動で調整しスムーズに電流を流す仕組みです。これもAnker社独自の技術です。

 

純正品以外のケーブルだと質が悪いことが多く、充電時にロスが発生する場合があります。VoltageBoostの技術があればそのようなロスも軽減してくれます。

 

 

PowerCore Essential 20000の評判・口コミ

f:id:healthwellnesshappy:20200804133731p:plain

PowerCore Essential 20000の評判・口コミをまとめます。

 

引用元:Amazon HP

 

キャンプで困るのがスマホの充電。それまで使用していたエネループ電池を使ったモバイルバッテリーでは容量足りなすぎてこのバッテリーを購入。スマホへの充電時間も早く買ってよかったと思います。バッテリーへの充電時間はそれなりにかかりますが頻繁に使わないので問題ありません。USB-Cポートからの充電は試していないのでわかりません。
災害時の予備電源としても持っていれば安心です。

 

Quick Charge等の急速充電機能が『必須』な方にはお勧めできない。

そうでない方、特にAndroid使用の方にはお勧めできる。
Androidを使い続けている方は、MicroUSBとUSB-Cのケーブル両方を持っているので、
・充電入力端子がMicroUSBとUSB-Cのふたつ用意されている。
この点が地味に嬉しい仕様。
後はAnkerで20000mAhなのに、3,229円(発売記念&キャッシュレス払い割引)と割と安価である所がよい。

満充電時間は流石に長く、就寝前にセットして8時間寝た後も完了してなかったが、入力が5V2Aの10Wなので仕方がない。
重さは他社の同等容量の端末と比べても軽い方なので問題なし。
付属のケーブルが付属のトラベルポーチに入れられない事もないが、ギュウギュウといった感じ。もう少し大きい方がよかった。
本体に指紋が残りにくいのは非常によい。
後は耐久性だがこればかりは評価できないので、今後の経過で判断したいところ。

 

PowerCore 20100の追加購入を検討していましたが、容量もほぼ同じで価格が安くこちらにしました。
入力端子は正直どうでもよかったのですが、使ってみるとTypeCは便利ですね。
スマホと揃うし、やはり充電早いみたいです。
何より、最近はAmazonでもよくわからないメーカーの製品が増えていますが、Ankerさんは以前から使っているので安心できます。
20100と合わせて旅行や、もしかすると災害時に頼りになりそうです。

 

評判・口コミのまとめ

大きく分けると、「①バッテリー容量が大きい」「②USB Type-Cに対応」「③価格の安さ」「④Ankerへの信頼」の4点です。

 

20,000mAhも容量があり出力ポートも2つあるので、友達や家族と分け合うことも全然OKです。

 

最近はUSB Type-Cの普及率も高いので、それに互換させている点も高評価を得ています。

 

PowerCore Essential 20000はメーカー価格が3,999円(税込み)です。Anker製・バッテリー容量20,000mAhということを考えると、この価格はかなり安いです。

 

PowerCore Essential 20000のメリット・デメリット

f:id:healthwellnesshappy:20200711190930p:plain

PowerCore Essential 20000のメリット・デメリットを
それぞれまとめます。

メリット5点

メリットと感じるのは以下5点かと思います。


①バッテリー容量が20,000mAhもある
②USB出力ポートが2つある(2台同時充電可能)
③PowerIQ・VoltageBoostに対応
④価格が安め
⑤PSEマーク取得済み

 

それぞれ解説していきます。

 

①バッテリー容量が20,000mAhもある

PowerCore Essential 20000の最大の強みです。

 

キャンプなどのアウトドア活動災害時への備えにもぴったりです。

 

②USB出力ポートが2つある(2台同時充電可能)

USB出力ポートが2つあるので、2台のスマホを同時に充電することもできます。

 

友達といるときやデバイスを2台持っている場合でも、うまく対応できますね。

 

③PowerIQ・VoltageBoostに対応

Anker社独自の技術で、接続機器やケーブルに応じて最適な速度で急速充電してくれます。やはりAnker社ならではのメリットいです。

 

④価格が安め

このクラスの容量だと5,000円~10,000円が相場です。

 

PowerCore Essential 20000はメーカー価格が3,999円(税込み)なので、かなり安い方といえます。

 

⑤PSEマーク取得済み

PSE法(電気用品安全法)の規制条件を満たした証明で、モバイルバッテリーも2019年2月から表示が義務付けられています。

 

PowerCore Essential 20000はPSEマークがついているので、検査にきちんと合格していることを意味しています。品質にも問題ありません。

 

※PSEマーク

f:id:healthwellnesshappy:20200615114028p:plain

引用元:https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1902/12/news021.html

 

デメリット1点

デメリットと感じるのは以下の点かと思います。


①重さがある

 

PowerCore Essential 20000の重さは343gです。決して軽いとは言えないですね。

 

なので、ポケットに入れて持ち運ぶとなるとどうしても重さを感じてしまいます。

 

とはいえ、他社製品だと500g~900gとかなり重いものもあります。同クラスの中ではPowerCore Essential 20000は軽い方といえます。

 

PowerCore Essential 20000がおすすめな人

f:id:healthwellnesshappy:20200721073958p:plain

PowerCore Essential 20000がおすすめなのは、以下のような方。


✔大容量のモバイルバッテリーを求めている方
✔スマホやタブレットなど複数デバイスを持っている方
✔アウトドアや災害時の備えをしておきたい方
✔安さを求める方

 

バッテリー容量は20,000mAhもあるので、スマホだと約4.5回・タブレットも約2.5回充電できます。スマホとタブレットを常に2台同時に使うような方に特におすすめです。

 

また、これだけ容量があればアウトドア活動や災害時の備えにも安心です。

 

このクラスでこの価格は正直かなり安いです。モバイルバッテリーを初めて買う場合、最初からPowerCore Essential 20000を購入した方がお得です。

 

PowerCore Essential 20000のまとめ

f:id:healthwellnesshappy:20200803150337p:plain

【メリット】


①バッテリー容量が20,000mAhもある
②USB出力ポートが2つある(2台同時充電可能)
③PowerIQ・VoltageBoostに対応
④価格が安め
⑤PSEマーク取得済み

 

【デメリット】


①重さがある

 

Amazonや楽天でもAnker製品は絶大の人気があります。モバイルバッテリーを探している方にとって、持っていて損はない1台です。