Lifetime Blog

written by Tony

【留学経験者が語る】日本における英語学習の必要性について

f:id:healthwellnesshappy:20201003023752p:plain

◆はてな・疑問??

✔英語ってやっぱり勉強しといた方がいいの?
✔日本に住んでいて日常生活で英語を使う機会なんてほとんどない
✔その辺のことを詳しく教えてほしい

 

こんな悩みを解消します。

 

現在、小学3年生から外国語の授業が義務化されています。(2020年から施行)また、自分のお子さんを英語スクールなどの習い事に通わせている親御さんも多いかと思います。

 

漠然と「英語は勉強しといた方がいい」という空気はありますが、「実際のところ英語がどれだけ求められているのか?」「英語を学ぶうえでのメリットや苦労」などってあまり知られていないことかと思います。

 

結論から申し上げますと、僕は「英語学習は必須でなくてもOK」という立場です。今日はその理由について詳しく解説していきます。

 

興味のある方、ぜひご覧くださいませ。

 

◆記事の内容(3分で読めます)

✔英語学習の必要性について僕の見解
✔その理由を解説
  

 

◆◇◆◇記事の信頼性◆◇◆◇

当サイトの筆者TONYは、フィリピンセブ島へ英語留学の経験があります。その後は外資系企業へ就職し、仕事上でも英語を使っていました。また、オンライン英会話を利用して現在も英語学習を続けています。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

英語学習の必要性

f:id:healthwellnesshappy:20201016132344p:plain

結論から申し上げますと、僕は「英語学習は必須でなくてもOK」という立場です。

 

その理由を解説する前に、前提としてお伝えしたいことが以下4点です。

 


①英語学習そのものを否定しているわけではない
②現在の教育システムを否定しているわけではない
③英語が話せることのメリットはとても多い
④英語が話せて損することは一切ない

 

上記①~④で申し上げている通り、英語学習や教育システムそのものを否定しているわけではありません。英語を話せることで新たな世界が広がりますし、メリットも非常に多いです。

 

ですので、「英語が好き」「英語を学びたい」という自発的な意思であればとことん追求すべきと思います。僕も実際その中の一人です。

 

では、そういった前提も踏まえ「英語学習は必須でなくてもOK」の理由についてお伝えします。

 

英語学習は必須でなくてもよい理由4つ

f:id:healthwellnesshappy:20200729140031p:plain

「英語学習は必須でなくてもOK」の理由は以下の通りです。


①日本の産業・社会構造が必ずしも英語を求めていない
②英語の学習には莫大な時間がかかる
③英語自体の専門性は高くない
④翻訳アプリが非常に充実している

 

それぞれ詳しく解説します。

 

①日本の産業・社会が必ずしも英語を求めていない

例えば、ハローワークや求人サイトなどで仕事を探す時、英語が必須の職種ってほとんどないですよね。むしろそのような職種は、「TOEICなどのハイスコア」や「留学経験」などを求められ非常に狭き門となっています。

 

また、街中の看板やお店でのやりとり・運転・電車・TV番組など、日常生活を送るうえで英語の知識が求められる場面もほぼないです。

 

日本は島国なので他国との輸出入も非常に重要な一方、内需大国という側面もあります。

 

★OECD加盟国の輸出依存度調査(2018年)
輸出依存度とはGDPに対する輸出額の比率のことで、日本は14.8%で下から2番目という調査結果が出ました。ちなみに最下位はアメリカの8.1%です。

 

つまり、貿易に依存している割合が低く自国内で経済が成り立っているので、それほど英語を使う機会がないということです。

 

②英語の学習には莫大な時間がかかる

英語習得に必要とされる時間は「3,000時間」といわれています。なので、英語学習を始めるのなら早い方がいいです。

 

「とりあえず勉強した方がいいよな」という漠然な気持ちで始めてしまうと、挫折してしまう可能性が高いです。きちんと理由を明確にしたうえで、継続して学習する必要があります。

 

もし、お子さんに英語を学ばせたいということでしたら、早い時期から英語環境を作ってあげることが大切です。

 

③英語自体の専門性は高くない

仕事で英語を活かす場合、「英語を話せる=専門性が高い」というわけではないのです。

 

例えば、

★プログラミングができて英語も話せる
★webデザインできて英語も話せる

 

といったように、主力の専門分野を補う目的で英語が求められることの方が多いです。

 

どうしても英語だけで生計を立てていきたいのであれば、通訳や翻訳といった非常にハイレベルな英語力を求められます。

 

なので、中途半端に英語を学ぶよりかは「プログラミング」「webデザイン」「動画編集」といった、webマーケ系の専門分野を先に身に着けた方がいいかと思います。

 

④翻訳アプリが非常に充実している

Google翻訳といった優秀な翻訳アプリが、現在世の中にはたくさんあります。

 

僕自身、インバウンド向けの接客をしていたこともありますが、英語が通じない外国人の方とはGoogle翻訳を通じて母国語でやり取りしていました。

 

IT技術のおかげで、言葉の壁はだいぶ解消されています。 

 

英語学習の必要性について:まとめ

f:id:healthwellnesshappy:20200801151435p:plain

「英語学習は必須でなくてもOK」の理由について解説しました。

 

繰り返しにはなりますが、僕は英語学習そのものを否定しているわけではありませんので、その点ご理解をお願いします。

 

英語の習得は決して簡単ではないので、明確な理由がなく漠然と勉強することはおすすめができないということです。

 

逆に言うと、きちんと目的を持っていればモチベーションもキープできるので、効率的に英語を習得できます。

 

日本の教育で「1,000時間」は既に英語を学習しているので、社会人になってからでも英語の勉強は遅くはないです。

 

忙しい方におすすめの英語学習方法は「オンライン英会話」です。自分のすき間時間をうまく活用して効率よく学ぶことができます。

 

「DMM英会話」だと、マンツーマン1回30分のレッスンを毎日受けられます。

 

価格も6,480円/月(税込)と非常にリーズナブルです。
(スタンダードプランプラン・毎日1レッスン)

 

公式サイトはこちら>>>DMM英会話

 

関連記事:
DMM英会話の評判・口コミ【デメリット1点・メリット4点】

 

興味のある方は、ぜひご検討されてみて下さいね。

 

本日は最後までお付き合い頂きありがとうございました。