Lifetime Blog

written by Tony

JBL GO 3の評判・口コミ【メリット3点・デメリット1点】

f:id:healthwellnesshappy:20201118162635p:plain

画像引用元:JBL HP

 

◆はてな・疑問??

✔Bluetooth対応のワイヤレススピーカーを購入予定
✔JBL GO 3の性能や評判が気になる

 

こんな悩みを解消します。

 

JBL社はポータブルスピーカー最大手の一つで、信頼性と人気の高さが特長です。

 

今日紹介する「JBL Pulse 3」は、超コンパクトで持ち運びにも便利なBluetooth対応スピーカーです。IP67の防水防塵機能も付いているのでアウトドアでも活躍します。

 

そこで、今日は「JBL GO 3」「性能」「評判・口コミ」「メリット・デメリット」「向いている人」について紹介します。

 

◆記事の内容(3分で読めます)

✔JBL GO 3の性能
✔JBL GO 3の評判・口コミ
✔JBL GO 3のメリット3点・デメリット1点
✔JBL GO 3が向いている人
  

 

◆◇◆◇記事の信頼性◆◇◆◇

当サイトの筆者TONYは、ガジェット系専門ブロガーとして、PCやスマホ・Wi-Fiといったデジタルガジェット全般の記事を執筆しています。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

JBL GO 3の性能

 

商品名:JBL GO 3 ポータブルウォータープルーフスピーカー
スピーカー出力:4.2W RMS
連続再生時間:5時間
サイズ:8.75cm x 7.5cm x 4.13cm
重さ:209g
ワイヤレス対応:あり(Bluetooth)
Bluetoothバージョン:5.1
入力端子(充電用):Type-C
バッテリー容量:2.7Wh(≒730mAh)
充電所要時間:2.5時間
その他の機能:パッシブラジエーター・フルレンジスピーカー・IP67の防水防塵
カラー:ブラック・オレンジ・ピンク・ブルー・ホワイト・レッド
付属品:本体・Type-Cケーブル・クイックスタートガイド・安全シート・保証書
保証:メーカー1年保証

 

最大の魅力が「超軽くてコンパクト」な点です。なので、どこにでも持ち運んで使うことができます。

 

また、IP67の防塵・防水機能も備わっています。IP67とは「防塵は6段階の6」「防水は8段階の7」という意味なので、ものすごく高性能ということが分かります。

 

ビーチ・公園・プールサイドといったアウトドアで最大の威力を発揮してくれますね。

 

スピーカー出力は4.2W RMSと小型クラスではありますが、パッシブラジエーターも付いているので安心です。このクラスとしては満足できるパワフルなサウンドが期待できます。

 

フル充電の所要時間も2.5時間と短く、連続再生時間は5時間です。

 

ポケットに入れることもできるし、ふつうのスマホと同じくらいの重さです。落下防止用のストラップも付いているのでフックなどに引っ掛けて使うことも可能です。

 

youtu.be

 

JBL GO 3の評判・口コミ 

f:id:healthwellnesshappy:20200925003142p:plain

JBL GO 3の評判・口コミをまとめます。

引用元:Amazon HP

 

買ってしまった…後悔は無い。
振り返ればFLIP3からJBLのBluetoothスピーカーにハマり。サイズ違いからくる携帯性や活用性の違いからGO2も買いCLIP3も買い、モノラル化してパワフルになったFLIP5を買い足して、やっと落ち着いたところかなぁな所で、海外で発表されたGO3。外観がファブリックになり指リングが追加されて良いなぁと日本発売を首を長くして待ってました。
他シリーズだと正常進化的なモデルチェンジだと思いますがGOシリーズはそれぞれにファンがつきそうな感じのモデルチェンジ。実際我が家では2から入れ替えではなく買い足しになりました。
音質は個人の良し悪しは好みもあるので言及を避けますが、2に比べ更に元気になったように思う。このサイズでよくぞここまで。という感じ。小さいけど楽しい音を奏でます。
そこが音質、スペック一辺倒な進化しかさせれない日本メーカー等との差ではないかと。
なので重箱の隅を突くように聴く人には向きません。
スピーカーをポケッタブルに持ち歩きいつでも気の向いた時に音楽を楽しむ。
そんな方にオススメ。
新しく備わった指リング?も良い感じ。
壁に吊るせば良いBGMマシンにもなります。

おっさんがピンクを買いましたが、以外にありかなぁと。
イチゴミルク色。
これは売れますね。
買って正解。後悔無し。

※追記
グレイテスト・ショーマンのサントラで2と聞く比べるとボーカルの聞き取りやすさが格段に上がってる事に気づいた。
主に子音と小さいささやくような発声パートでの描写に磨きが掛かってて、凄い気持ち良い。
ブワッと緩めに奏でる低音域にクッキリなボーカルパートというか…。
JBLには音楽心のあるチューナーが居るに違いない。
外で音量上げ気味にして聴くと楽しくて仕方ない。
車のダッシュボードでお気に入りの楽曲を鳴らしてると、時間を経つのを忘れてあっという間に目的地に着いちゃう。

 

普段はAnkerのSoundcore miniを使っていたのですが、出先でも音楽を聞くのに購入
カラーリング、防水性、ループがついていてJBL製と言うこともありレビューもないまま予約で購入しましたが、想像以上の音の良さでした。
Soundcoreも高・中域がクリアに出てとても良かったのですが、GO3はさらにBASSがしっかり。
開封してまもないレビューなのでまだ外には持ち出していませんが、きっと楽しいと。

操作面では、巻き戻しができない様ですが個人的にはまぁ良いかと。

あとはバッテリーの持ち次第かなかと。

 

評判・口コミのまとめ

評判・口コミをまとめると以下の通りです。


①サウンドクオリティが高い(特に低音)
②ストラップが便利
③持ち運びもラク
④カラーリング・防水機能にも満足

 

GO 3の長所がそのまま口コミに反映されているので、非常に安心できます。特に低音に対する高評価が印象深いです。

 

このクラスにしては期待以上のクオリティを体感できるかと思います。

 

Amazonでは星5つ中の4の高評価なので、その点も安心材料ですね。

 

JBL GO 3のメリット・デメリット

f:id:healthwellnesshappy:20201027004546p:plain

JBL GO 3のメリット・デメリットをそれぞれまとめます。

メリット3点

メリットと感じるのは以下3点です。


①軽量・コンパクトなので持ち運びが非常にラク
②このクラスとしてはサウンドクオリティがかなり高い
③IP67の防塵防水機能つき

 

それぞれ解説します。

 

①軽量・コンパクトなので持ち運びが非常にラク

片手で握れるサイズ重さはわずか209gです。スマホと同じように、気軽にどこへでも持ち運んで使うことができます。

 

②このクラスとしてはサウンドクオリティがかなり高い

スピーカー出力はわずか4.2W RMSながら、パッシブラジエーターが搭載されているので期待以上のサウンドクオリティを体感できます。

 

一般的に、スピーカー出力が小さいほど低音は弱いです。

 

ところが、JBL GO 3はその弱点がきちんとカバーされています。口コミでもそれが反映されていますね。

 

③IP67の防塵・防水機能つき

最高ランクの防塵機能上から2番目の防水機能がついています。

 

水回りはもちろん、ビーチサイド公園などでの使用も安心できるかと思います。

 

デメリット1点

デメリットと感じるのは以下の点です。


①連続再生時間が5時間と少し短い

 

JBL GO 3のバッテリー容量は2.7Wh(≒730mAh)で、連続再生時間は5時間です。小型クラスなので仕方ないですが、できればもう少しあればなといったところです。

 

パーティーや1日中電源無しで使用するには不向きといえます。

 

JBL GO 3が向いている人

f:id:healthwellnesshappy:20200904075007p:plain

JBL GO 3がおすすめなのは、以下のような方。


①持ち運んで外で使いたい方
②雨や砂ぼこりを気にせず外で使いたい方
③小型クラスのスピーカーをお探しの方

 

軽量・コンパクトなのでとにかく持ち運びは非常にラクです。IP67の防塵・防水機能も付いているので、ビーチサイドやアウトドアでの急な雨も気にせず思う存分楽しめます。

 

また、小型クラスのスピーカーとしては非常にサウンドクオリティが高いです。

 

「小型クラスでかつサウンドにもこだわりたい」という方には、間違いないくGO 3はおすすめです。

 

JBL GO 3:まとめ

f:id:healthwellnesshappy:20201003004554p:plain

【メリット】


①軽量・コンパクトなので持ち運びが非常にラク
②このクラスとしてはサウンドクオリティがかなり高い
③IP67の防塵防水機能つき

 

【デメリット】


①連続再生時間が5時間と短い

 

【向いている人】 


①持ち運んで外で使いたい方
②雨や砂ぼこりを気にせず外で使いたい方
③小型クラスのスピーカーをお探しの方

 

JBL GO 3の「性能」「評判・口コミ」「メリット・デメリット」「向いている人」をそれぞれ解説しました。

 

小型クラスのBluetoothスピーカーをお探しなら、間違いなく「買い」ですね。このクラスでこのクオリティは、控えめに言っても感動ものです。

 

色も6色と豊富なので、ぜひお好みのカラーを見つけてくださいね。

 

本日は以上です。最後までお読み頂きありがとうございました。

 

公式サイトはこちら>>>