Lifetime Blog

on OKINAWA

Anker SoundCore mini 3のメリット5点・デメリット1点

f:id:healthwellnesshappy:20201216134759p:plain

画像引用元:Anker HP

 

◆はてな・疑問??

✔Bluetooth対応のポータブルスピーカーを購入予定
✔Anker SoundCore mini 3の性能が気になる

 

こんな悩みを解消します。

 

Anker社はポータブルスピーカー最大手の一つで、信頼性と人気の高さが特長です。

 

今日紹介する「Anker SoundCore mini 3」はSoundCore mini 2の後継機で、初代・2代目と比べいくつか変わった点もあります。

 

今日は、SoundCore mini 3を詳しく解説していきたいと思います。ぜひ、最後までご覧くださいませ。  

 

◆記事の内容(3分で読めます)

✔Anker SoundCore mini 3の性能
✔Anker SoundCore mini 3のメリット5点・デメリット1点
✔Anker SoundCore mini 3が向いている人
  

 

◆◇◆◇記事の信頼性◆◇◆◇

当サイトの筆者TONYは、ガジェット系専門ブロガーとして、PCやスマホ・Wi-Fiといったデジタルガジェット全般の記事を執筆しています。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

Anker SoundCore mini 3の性能

 

商品名:Anker SoundCore mini 3
連続再生時間:15時間
出力(スピーカー):6W(SoundCore独自のBassUpテクノロジー)
SoundCoreアプリ対応:あり(アプリでイコライザの調整可能)
サイズ:7.2cm x 7.2cm x 8.4cm
重さ:230g
バッテリー容量:1,800mAh
充電所要時間:2~3時間
ワイヤレス対応:あり(Bluetooth)
Bluetoothバージョン:5
接続方法:Bluetooth
複数台同時接続:あり(PartyCastモード)
通話機能:あり
入力端子(充電用):USB Type-C
防水機能:あり(IPX7)
カラー:1色(ブラック)
付属品:本体・USB-C & USB-A ケーブル・クイックスタートガイド・安全マニュアル・18ヶ月保証・カスタマーサポート
保証:メーカー18ヶ月保証

 

上記の通りです。

 

SoundCore mini 3は、2020年8月~販売の最新機種です。

 

2代目よりパワーアップしたところは、「①PartyCastモード」「②SoundCoreアプリ対応」「③USB Type-C端子」の3点。

 

PartyCastモードを使えば、最大100台のSoundCore mini 3を同時にワイヤレス接続できます。より深み・奥行きのあるパワフルサウンドを楽しむことができます。

 

SoundCoreアプリにも対応しているので、アプリ上でイコライザーを自由に調整もできます。(デフォルトモード・ボイスモード・トレブルブーストモード・バランスモード)

 

充電端子も、従来のmicro USBではなく、最新のType-Cを採用。

 

2代目よりもパワーアップしたところが、ざっと上記3点ですね。もちろん、2代目のメリットもそのまま引き継いでいます。

 

まずは、音質。6Wと小型ながら、BassUpテクノロジーはそのまま引継ぎ、重低音にも自信のあるサウンドレベルです。

 

連続再生時間も15時間なので、半日以上持ちます。通常の使用では、ほぼ不満なく使えるでしょう。

 

通話機能(もあるので、着信に応答することもできます。

 

※製品説明書

f:id:healthwellnesshappy:20210110144454p:plain

引用元:https://www.ankerjapan.com/client_info/ANKERJAPAN/view/userweb/pdf/A3119Manual.pdf

 

あとは、IPX7の防水機能。これも引き継いでいます。アウトドアでも非常に心強いですね。

 

カラーはブラック1色で、メーカー保証は18ヶ月

 

低価格路線をそのまま踏襲し、Anker社製品はコスパ・品質ともに非常にGOODです。

 

Anker SoundCore mini 3のメリット・デメリット

f:id:healthwellnesshappy:20201016132344p:plain

Anker SoundCore mini 3のメリット・デメリットをそれぞれまとめます。

 

メリット5点

メリットと感じるのは以下5点です。


①PartyCastに対応
②SoundCoreアプリに対応
③軽くて持ち運びがラク
④IPX7の防水機能つき
⑤通話機能つき

 

それぞれ解説します

 

①PartyCastに対応

2代目にも「ワイヤレスステレオペアリング機能」がありましたが、接続できるのは最大2台まででした。

 

PartyCast機能は、最大100台のSoundCore mini 3を同時に接続できるので、より立体感のあるサウンドを楽しめます。

 

複数台購入したり、同じ機種を持っている友達どうしでつないだりと、楽しみ方がさらに増えます。

 

②SoundCoreアプリに対応

こちらは、2代目には無かった機能です。アプリをダウンロードすることで、スマホと連動することができ非常に便利です。

 

アプリ上で出来る操作は、「①製品情報の確認」「②ファームウェア更新」「③バッテリーステータス表示」「④BassUpモードの切り替え」「⑤音量・再生・一時停止の操作」となります。

 

③軽くて持ち運びがラク

サイズは7.2cm×7.2cm×8.4cm・重さは230gなので、簡単に持ち運んで使うことができます。

 

④IPX7の防水機能つき

IPX7は上から2番目で、「30分間1mの深さに水没しても浸水しない」レベルです。

 

アウトドアやお風呂場でも、水を気にせずに使えますね。

 

⑤通話機能つき

こちらも、2代目からそのまま引き継いでいます。

 

手が離せない状況だと、非常に助かりますよね。

 

デメリット1点

デメリットと感じるのは以下の点です。


①2代目にあったAUX端子はついていない

 

SoundCore mini 3は、Bluetooth接続のみです。AUX接続には対応していないので、気をつけてくださいね。

 

Anker SoundCore mini 3が向いている人

f:id:healthwellnesshappy:20201103032437p:plain

Anker SoundCore mini 3がおすすめなのは、以下のような方。


①小型クラスのスピーカーを求めている方
②スマホと連携させたい方
③水まわりやアウトドアで使いたい方
④複数台つなげて使用したい方

 

小型クラスとしては非常におすすめの機種です。SoundCore mini 2よりもさらに満足できるでしょう。


また、SoundCoreアプリ・通話機能にも対応しているので、お手持ちのスマホと連動して操作できます。

 

IPX7の防水機能つきなので、水濡れも怖くありません。

 

PartyCast機能で複数台同時接続もできるので、楽しみ方の幅も広がりますね。

 

Anker SoundCore mini 3:まとめ

f:id:healthwellnesshappy:20201125192321p:plain

【メリット】


①PartyCastに対応
②SoundCoreアプリに対応
③軽くて持ち運びがラク
④IPX7の防水機能つき
⑤通話機能つき

 

【デメリット】


①2代目にあったAUX端子はついていない

 

【向いている人】 


①小型クラスのスピーカーを求めている方
②スマホと連携させたい方
③水まわりやアウトドアで使いたい方
④複数台つなげて使用したい方

 

2代目よりもグレードアップしているAnker SoundCore mini 3

 

初代にあった「FMラジオ機能」、初代・2代目にあった「AUX端子」は残念ながらなくなりましたが、そこを求めなければ問題ないです。

  

ちなみに、初代・2代目が気になる方は以下の記事もご参考くださいませ。

 

関連記事:
Anker SoundCore miniの評判・口コミ【メリット5点・デメリット1点】
Anker SoundCore mini 2のレビュー【メリット4点・デメリット1点】

 

ぜひぜひ、検討してみてくださいね。

 

本日は以上です。最後までお読み頂きありがとうございました。