Lifetime Blog

on OKINAWA

格安SIMの速度って遅いの?主要5社の速度を解説【口コミあり】

f:id:healthwellnesshappy:20210104074205p:plain

◆はてな・疑問??

✔格安SIMの速度って遅いの?
✔大手キャリアから格安SIMに乗り換えたいけど、速度が心配
✔その辺のことを詳しく教えてほしい

 

こんな悩みを解消します。

 

「格安SIMの速度が気になる」という方向けの記事です。

 

月々のスマホ代を大幅に節約できハイコスパな格安SIM。近年、多くの方が格安SIMへ乗り換えています。

 

そこで気になるのが「速度」「格安SIMだと通信速度が落ち、満足してネットが使えないのでは?」と心配している方もいるかと思います。

 

そこで今日は、「格安SIM主要5社の公表速度」「実際のユーザーの口コミ」を紹介したいと思います。

 

ぜひ最後までご覧くださいませ。

 

◆記事の内容(3分で読めます)

✔格安SIM主要5社の公表速度
✔実際のユーザーの口コミ

 

◆◇◆◇記事の信頼性◆◇◆◇

当サイトの筆者Tonyは、格安SIM専門ブロガーとして数多くの記事を執筆しています。実際に格安SIMユーザーですし、格安SIMの仕組みや価格相場なども熟知しています。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

 

早見表:主要5社をピックアップ

f:id:healthwellnesshappy:20201016132344p:plain

ピックアップした主要5社は、以下の通りです。


①楽天モバイル
②DTI SIM
③BIGLOBE モバイル
④OCN モバイル ONE
⑤UQモバイル

 

認知度やコスパなどを考慮し、上記5社を選びました。

 

なお、楽天モバイルは厳密にいえば「第4のキャリア」としての位置づけですが、キャリア並みのサービスを格安SIM並みの価格で提供しています。

 

格安SIMをお探しの方にもおすすめできる会社なので、本記事でピックアップしました。

 

では、次の章で各社の「公表速度」「ユーザーの口コミ」を紹介したいと思います。

 

①楽天モバイル

f:id:healthwellnesshappy:20200904140049p:plain

引用元:楽天モバイル

 

公式サイトはこちら>>>楽天モバイル

 

公表速度

楽天モバイルは、「楽天回線エリア」「パートナー回線エリア」に分けられます。

 

楽天回線エリアだと「高速通信使い放題」、パートナー回線エリアだと「月5GBまで高速通信、使い切った後は最大1Mbpsで使い放題」となります。

 

f:id:healthwellnesshappy:20210104083321p:plain

引用元:楽天モバイル

 

高速通信時の動作は以下の通り規定されていますが、ベストエフォート形式での具体的な通信速度について、HP上からは確認ができませんでした。

 

高速データ使い放題は、楽天基地局に接続時。公平にサービスを提供するため通信速度の制御を行うことがあります。

引用元:楽天モバイル

 

ユーザーの口コミ

それでは、楽天モバイルユーザーの口コミを見てみたいと思います。

 

引用元:Twitter

 

楽天回線エリア

まずは、楽天回線エリアを利用しているユーザーの口コミです。 

 

 

 

パートナー回線エリア

次に、パートナー回線エリアを利用しているユーザーの口コミです。

 

※速度制限がかかっていない状態の口コミです

 

 

まとめ

楽天回線エリアユーザーの口コミが上から順に「下り96.3Mbps」「下り49.1Mbps」、パートナー回線エリアユーザーの口コミが「下り34.9Mbps」となっています。 

 

実測値でここまで速度が出ているので、問題ありません。パートナー回線エリアでも高速通信が「下り34.9Mbps」も出ています。

 

楽天回線エリア・パートナー回線エリアとも、通信速度に関して心配する必要はないでしょう。

 

ちなみに、パートナー回線エリアだと5GB/月使い切った後は「最大1Mbpsに制限されたうえで使い放題」となります。

 

1Mbpsで出来ることは以下の通りです。

 

★1Mbpsで出来ること


・YouTube→標準画質まで問題なく視聴可
・LINE、Skype、Twitter→
問題なし(LINE、Skypeはビデオ通話も含め)
・facebook、Instagram→
少し重くなる
・Webページ→
地図やニュースだと問題なし通販サイトは少し重い
・テザリング→
問題なし
・ゲーム→
アプリによっては重くなる
・データのダウンロード、アップロード→
容量によっては重くなる

 

ネットサーフィンLINETwitterYouTubeがメインなら、1Mbpsでもほぼほぼ問題ありません。

 

自宅が楽天回線エリアに入っていなくても、十分利用価値のある会社です。

 

※楽天モバイル側にテザリング制限はありません。

 

f:id:healthwellnesshappy:20210108234228p:plain

引用元:楽天モバイル

   

 

関連記事:
楽天モバイルの評判・口コミ【メリット6点・デメリット1点】

 

②DTI SIM

f:id:healthwellnesshappy:20200904144919p:plain

引用元:DTI SIM

 

公式サイトはこちら>>> DTI SIM

 

公表速度 

ベストエフォート形式での通信速度について、以下の通り公表しています。

 

f:id:healthwellnesshappy:20210104092238p:plain

引用元:DTI SIM 

 

下りの最大速度が「370Mbps」と確認できました。

 

ユーザーの口コミ

では、実際にDTI SIMを利用しているユーザーの口コミを見てみたいと思います。

 

引用元:Twitter

 

 

 

まとめ

1人目の方が1回目「下り20.66Mbps」2回目「下り35.11Mbps」、2人目の方が「下り58.2Mbps」です。

 

実測値で見ても、申し分ありません。

 

DTI SIMも、問題なく使えることが分かりました。

 

 

関連記事:
DTI SIMの評判・口コミ【デメリット2点・メリット4点】

 

③BIGLOBE モバイル

f:id:healthwellnesshappy:20200904142037p:plain

引用元:BIGLOBE モバイル

 

公式サイトはこちら>>>BIGLOBEモバイル

 

公表速度

ベストエフォート形式での具体的な通信速度について、HP上からは確認ができませんでした。 

 

ユーザーの口コミ

それでは、実際にBIGLOBE モバイルを利用しているユーザーの口コミを見てみたいと思います。

 

引用元:Twitter

 

 

 

まとめ

1人目の方がau回線で「下り86.9Mbps」、2人目の方がdocomo回線で「下り71.5Mbps」です。

 

実測値でも、十分な速度が出ていることが分かります。

 

ちなみに、BIGLOBE モバイルは「タイプA(au回線)」「タイプD(docomo回線)」の2種類から選べます。

 

上記の口コミを比べてみると、タイプAの方が早いですね。また、公式HPでもタイプAの方が早いと公表しています。

 

f:id:healthwellnesshappy:20210104095009p:plain

引用元:BIGLOBE モバイル

 

ただ注意点として、タイプAの場合直近72時間の送受信通信量の合計が6GBを超えた場合、速度制限がかかる可能性があるようです。

 

f:id:healthwellnesshappy:20210104101636p:plain

引用元:BIGLOBE モバイル

 

自分の使い方に応じて、最適な回線タイプを選んでくださいね。

 

 

関連記事:
BIGLOBEモバイルの評判・口コミ【デメリット1点・メリット4点】

 

④OCN モバイル ONE

f:id:healthwellnesshappy:20200904151249p:plain

引用元:OCN モバイル ONE 

 

公式サイトはこちら>>>OCN モバイル ONE

 

公表速度

ベストエフォート形式での具体的な通信速度について、HP上からは確認ができませんでした。

 

ただ、MN総研「2020年10月MVNOネットワーク品質調査」によると以下の調査結果が出ています。

 

f:id:healthwellnesshappy:20210104104652p:plain

引用元:OCN モバイル ONE 

 

実測値で20.52Mbps出ていれば、問題はありません。

 

OCN モバイル ONEはNTTコミュニケーションズが運営しているので、ドコモと同じNTT系列となります。その点も安心材料かと思います。

 

ユーザーの口コミ

念のため、ユーザーの口コミも見てみたいと思います。

 

引用元:Twitter

 

 

 

まとめ

1人目の方が「下り77Mbps」、2人目の方が「下り40Mbps」です。

 

口コミでも、十分な速度が出ていることが分かりました。

 

 

関連記事:
OCN モバイル ONEの評判・口コミ【メリット5点】

 

⑤UQモバイル 

f:id:healthwellnesshappy:20200815155446p:plain

引用元:UQモバイル

 

公式サイトはこちら>>>UQモバイル

 

公表速度

UQモバイルが主力としている「くりこしプラン」は、「S」「M」「L」に分けられます。

 

ベストエフォート形式での通信速度について、以下の通り公表しています。

 

f:id:healthwellnesshappy:20210104124824p:plain

引用元:UQモバイル 

 

節約モード時だとSは「送受信最大300Kbps」MとLは「送受信最大1Mbps」、高速モード時だとS・M・Lとも「受信最大400Mbps」であることが確認できました。

 

ユーザーの口コミ

では、実際にUQモバイルを利用しているユーザーの口コミを見てみたいと思います。

 

引用元:Twitter

 

 

 

まとめ

1人目の方が「下り72.1Mbps」、2人目の方が「下り67Mbps」です。

 

こちらも問題ないですね。

 

ただ、UQモバイルは直近3日間の通信量合計が6GBを超えた場合、速度制限がかかる可能性があるようです。(↓公式HPから確認)

 

f:id:healthwellnesshappy:20210104130217p:plain

引用:UQモバイル 

 

そこだけは要注意ですね。 

 

 

関連記事:
UQ mobileの評判・口コミ【メリット5点・デメリット1点】

 

格安SIM主要5社の速度:まとめ 

f:id:healthwellnesshappy:20201018233713p:plain

「格安SIM主要5社の公表速度」「実際のユーザーの口コミ」について解説しました。

 

格安SIMはキャリア回線から通信を借りている立場なので、立場上どうしても速度が落ちてしまうことはあります。

 

ただ、そこまで神経質になる必要はないかと思います。十分な速度が出ていることも、口コミから確認できましたよね。

 

通常のネット利用であれば、ほぼほぼ問題ありません。

 

各社の解説記事も以下貼っていますので、気になった会社があればぜひご覧になってくださいね。

 

本日は以上です。最後までお読み頂きありがとうございました。

 

各社の関連記事:
楽天モバイルの評判・口コミ【メリット6点・デメリット1点】
DTI SIMの評判・口コミ【デメリット2点・メリット4点】
BIGLOBEモバイルの評判・口コミ【デメリット1点・メリット4点】
OCN モバイル ONEの評判・口コミ【メリット5点】
UQ mobileの評判・口コミ【メリット5点・デメリット1点】