Lifetime Blog

on OKINAWA

テレワーク(リモートワーク)に必要なもの6つを解説します

f:id:healthwellnesshappy:20210122170552p:plain

◆はてな・疑問??

✔テレワーク出勤を命じられ自宅で仕事することになった
✔テレワークに必要なものってなに?
✔その辺のことを教えてほしい

 

こんな悩みを解消します。

 

「テレワークに必要なものをお探しの方」向けの記事です。

 

コロナ禍の影響で、テレワーク出勤に切り替わった会社も多いかと。でも、自宅で仕事するとなったら、今までのアイテムだけだとなかなか対処できませんよね。

 

そこで、今日はテレワークに必要なもの6つを紹介したいと思います。

 

ぜひ、最後までご覧くださいませ。

 

◆記事の内容(3分で読めます)

✔テレワークに必要なもの6つ
✔①PCデスク

✔②PCスタンド
✔③椅子
✔④ワイヤレスマウス
✔⑤スピーカー
✔⑥ネット環境  

 

 

 

テレワークに必要なもの6つ

f:id:healthwellnesshappy:20201125192321p:plain

それでは、テレワークに必要なもの6つを紹介したいと思います。

 

①:PCデスク

 

まず、真っ先に必要なものは机です。

 

こちらは折り畳み可能なので、使いたいときだけ広げ、仕事が終わったら片づけるといったような使い方も可能です。ワンルームのような、間取りの狭いお部屋に特に向いているかと。

 

L字型になっているので広々使えます。マウスを置いたり、2台目のノートPCを置いたりすることもできそうですね。

 

色も4つから選べるので、お部屋の雰囲気にもうまく合わせられそうです。

 

②:PCスタンド

 

長時間の作業となると、猫背になったりと姿勢が気になりますよね。

 

こんなときは、PCスタンドがおすすめです。

 

こちらのPCスタンドは、高さ・角度も自由に調整できるので快適に作業できます。17インチまでのノートPCを置け、耐荷重は20kgです。折り畳みも可能。

 

ノートPCの放熱効果もあるし、下の空いたスペースに書類を置いたりと一石二鳥ですね。

 

③:椅子

 

結論から言うと、椅子はケチらない方がいいです。体にもっとも密着しているものなので、椅子のクオリティで疲れ度合いが一気に変わってくるからです。

 

僕のおすすめは、「ゲーミングチェア」

 

普通の椅子と違い、ゲーミングチェアは背もたれが高いので、疲れをうまく軽減してくれます。

 

背もたれ座面はもちろん調整可能だし、収納式のオットマン(足置き)もあるのでちょっとした昼寝もできますね。

 

また、テレワークだけでなくプライベートでもそのまま使えます。

 

価格は少し高めですが、ゲーミングチェアはホントおすすめです。

 

④:ワイヤレスマウス 

  

作業効率化のためには、ワイヤレスマウスが圧倒的におすすめです。ただ、乾電池タイプが主なので消耗時の電池交換作業が弱点といえます。

 

ところが、こちらのマウスはUSB充電式なので電池交換が必要ないです。フル充電で15日以上使用可能だし、15分間操作しないとスマートスリープモードに入ります。

 

そしてこの薄さ。手のひらにうまくフィットし、長時間の作業でも疲れをうまく軽減してくれます。

 

静音設計だし、見た目もおしゃれ。おすすめのマウスです。

 

⑤:スピーカー

 

一人暮らしや別室といった環境であれば、好きな音楽を聴きながら仕事したいですよね。

 

そんなとき役立つのが、スピーカーです。

 

上記は、BluetoothAUXmicro USBに対応しているので、例えばBluetooth非対応のデバイス(PCなど)でもAUX接続で再生可能です。

 

また、FMラジオハンズフリー通話機能もついています。会社と電話のやり取りが多い方にも向いていますね。

 

多機能が一つにそろった、オールインワンのスピーカーです。

 

関連記事:
Anker SoundCore miniのメリット5点・デメリット1点

 

⑥:ネット環境

 

ちなみに、自宅にネット環境はありますか?

 

もともと、固定回線やWi-Fiがあれば問題ないですが、それらがなくスマホの通信回線もそこまで期待できないとなると厳しいですよね。

 

僕のおすすめはテザリングです。スマホをテザリングしWi-Fi代わりにすることで、簡単にネット環境を構築できます。

 

おすすめのモバイル会社はDTI SIM「毎日1.4ギガ使い切りプラン(音声通話付き)」2,900円(税別)/月で契約可能です。

 

DTI SIM側にテザリング制限はないので、PCなどの外部デバイスへデータ供給ができます。(※スマホ機種がテザリングに対応している必要はあります

 

ビデオ会議などをヘビーでやるわけではなく、あくまでメールやブラウザ使用が主なら1日1.4GBあれば足りると思います。

 

わざわざWi-Fiを別で契約し、スマホ+Wi-Fiの料金を支払うよりはこっちの方がお得にやり繰りできるかと

 

テレワークを機に、格安SIMへの乗り換えを検討してみてもいいかもです。

 

※今お使いのスマホをそのまま使う場合、DTI SIMに対応しているか念のため契約前に確認してくださいね

 

関連記事:
DTI SIMの評判・口コミ【デメリット2点・メリット4点】

 

テレワークに必要なもの6つ:まとめ

f:id:healthwellnesshappy:20201114142223p:plain

テレワークに必要なもの6つを解説しました。

 

今までと環境も違うし、長時間のデスク作業。ある程度のクオリティにもこだわりたいところ。

 

また、スマホの月額料金に不満をお持ちの方は、これを機に格安SIMへの乗り換えもできます。一石二鳥です。

 

ぜひぜひ、検討してみてくださいね ^^

 

本日は以上です。最後までお読み頂きありがとうございました。