Lifetime Blog

written by Tony

Anker SoundCore Wakeyのメリット6点・デメリット2点

f:id:healthwellnesshappy:20210201184057p:plain

画像引用元:Anker HP

 

◆はてな・疑問??

✔Bluetooth対応のポータブルスピーカーを購入予定
✔Anker SoundCore Wakeyの性能が気になる

 

こんな悩みを解消します。

 

Anker社はポータブルスピーカー最大手の一つで、信頼性と人気の高さが特長です。

 

今日紹介する「Anker SoundCore Wakey」は、スピーカーだけでなく「時計&アラーム」「FMラジオ」「ワイヤレス充電」といった超便利な機能もついているのです。

 

Ankerの持ち味が1台に凝縮され、「あれこれ買い足したくない」という方には間違いなく向いています。

 

そこで今日は、Anker SoundCore Wakeyの「性能」「メリット・デメリット」「向いている人」をそれぞれ解説したいと思います。

 

ぜひ最後までご覧くださいませ。  

 

◆記事の内容(3分で読めます)

✔Anker SoundCore Wakeyの性能
✔Anker SoundCore Wakeyのメリット6点・デメリット2点
✔Anker SoundCore Wakeyが向いている人
  

 

◆◇◆◇記事の信頼性◆◇◆◇

当サイトの筆者Tonyは、ガジェット系専門ブロガーとして、PCやスマホ・Wi-Fiといったデジタルガジェット全般の記事を執筆しています。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

Anker SoundCore Wakeyの性能

 

商品名:Anker SoundCore Wakey
出力(スピーカー):5W×2(フルレンジドライバー搭載)
サイズ:約8.2cm x 9.2cm x 20cm
重さ:約572g
ワイヤレス対応:あり(Bluetooth)
Bluetoothバージョン:5.0
接続方法:Bluetooth・AUX
時計&アラーム機能:あり(ディスプレイはLED表示)
FMラジオ機能:あり
充電機能(外部デバイスへの給電):あり(USB×2、ワイヤレス(Qi対応)×1)
通話機能:あり
カラー:
3色(ブラック・ホワイト・ピンク)
パッケージ内容:Soundcore Wakey、ACアダプター、FMラジオアンテナ、クイックスタートガイド、安全マニュアル、18ヶ月保証 + 6ヶ月 (Anker会員登録後)、カスタマーサポート

 

ざっと、上記が性能となります。

 

一言で表現すると、「オールインワン」のスピーカーです。

 

「Bluetoothスピーカー」「時計&アラーム」「FMラジオ」「充電機能(外部デバイスへの給電)」「通話機能」が一つにギュッと凝縮されています。

 

あれこれ揃えずにこれ1台で事足りるので、コスパは非常に高いです。

 

それでは、機能別にメリットを紹介していきたいと思います。

 

SoundCore Wakeyのメリット6点

SoundCore Wakeyのメリットは、以下の6点です。

 

①:スピーカー

5W×2の合計10Wです。また、フルレンジドライバーも搭載されています。

 

室内用として使う分には十分なスペックだし、期待を上回るパワフルなサウンドが体感できるかと思います。

 

②:接続方法

BluetoothAUXの2種類です。

 

※AUXケーブルは別売りなのでご注意ください

 

③:時計&アラーム機能

SoundCore Wakeyのいちばんの特長でもありますが、時計アラーム機能がしっかりと備わっています。

 

ディスプレイ表示は、暗い場所でも視認できるようLEDライトが搭載されていますし、部屋の明るさに応じて自動で調光されます。

 

また、SoundCoreアプリと連携すれば、スマホのアプリ上から「LEDライトのオン・オフ」「手動での明るさ調整(5段階)」「夜間モード」の設定も可能です。

 

「夜間モード」では、消灯しておきたい時間帯を設定できるので、暗闇での光の刺激が苦手という方でも安心ですね。

 

アラームはSoundCoreアプリ上からセット可能です。アラームが鳴っている間は、どのボタンを押してもスヌーズされ、「アラーム時計ボタン」数秒間長押しすると停止できます。

 

「睡眠モード」では睡眠を促すためのヒーリングサウンドを流すことができます。睡眠モードもアプリ上から操作できます。

 

④:FMラジオ機能

FMラジオ機能も備わっているのです。

 

SoundCoreアプリ上からチャンネル設定ができます。(※ラジオ使用時は、付属のアンテナケーブルを使用する必要あり)

 

ラジオ好きの方なら、この機能もありがたいですよね。ベッドに横になりながらラジオを聴けるなんて、超ぜいたくです。

 

⑤:充電機能

充電機能も付いているのは、正直驚きました。

 

しかも、ワイヤレス充電にも対応しているのです。

 

お持ちのスマホがQi規格に対応していれば、ワイヤレスで充電できます。(充電エリアは本体上部にあります)

 

さらに、USBポート×2もあるのでふつうの有線充電ももちろんOKです。

 

ワイヤレス×1USBポート×2をフル活用し、最大3台のデバイスを同時充電することもできます。

 

⑥:通話機能

通話機能もついているので、手の離させない場面やベッドで横になりながら電話に出ることもできます。

 

◆取扱説明書

f:id:healthwellnesshappy:20210201202213p:plain

引用元:https://www.ankerjapan.com/client_info/ANKERJAPAN/view/userweb/pdf/A3300Manual.pdf

 

以上、6点がSoundCore Wakeyのメリットです。

 

SoundCore Wakeyのデメリット2点

SoundCore Wakeyのデメリットは、以下の2点です。

 

①本体にバッテリーがない

SoundCore Wakey本体にバッテリーはついていません。電源のない場面では使えないので、ご注意ください。 

 

②アプリとの連携

FMラジオアラーム睡眠モードの設定は、アプリ上からの操作が必要となります。また、時刻アプリを通じて自動更新される仕組みとなっています。

 

◆時刻

f:id:healthwellnesshappy:20210201204026p:plain

 

◆FMラジオ・アラーム・睡眠モード

f:id:healthwellnesshappy:20210201215345p:plain

引用元:https://www.ankerjapan.com/client_info/ANKERJAPAN/view/userweb/pdf/A3300Manual.pdf

 

本体のみで全て完結できるわけではないので、アプリのダウンロードや操作が面倒という方にはデメリットといえます。

 

Anker SoundCore Wakeyが向いている人

f:id:healthwellnesshappy:20201026012133p:plain

Anker SoundCore Wakeyがおすすめなのは、以下のような方。


①オールインワンのスピーカーが欲しい
②室内で使う(外には持ち運ばない)
③Qi規格対応のスマホを持っている

 

なんといっても、これだけの機能が一つに凝縮されているので「オールインワンのスピーカーが欲しい」という方には超絶おすすめですね。

 

「Bluetoothスピーカー」「時計&アラーム」「FMラジオ」「充電機能(ワイヤレスあり)」「通話機能」がついているので、SoundCore Wakeyがあればあれこれ買い足さずに済みそうです。

 

バッテリーはないので電源のない場面では使えず、持ち運びには向いていません。室内での使用を想定している方におすすめですね。

 

あとは、ワイヤレス充電機能があるので、Qi規格対応のスマホをお持ちの方にも向いています。

 

Anker SoundCore Wakey:まとめ

f:id:healthwellnesshappy:20210115145703p:plain

【メリット】


①スピーカー
②接続方法
③時計&アラーム機能
④FMラジオ機能
⑤充電機能
⑥通話機能

 

【デメリット】


①本体にバッテリーがない
②アプリとの連携

 

【向いている人】 


①オールインワンのスピーカーが欲しい
②室内で使う(外には持ち運ばない)
③Qi規格対応のスマホを持っている

 

Anker SoundCore Wakeyの「性能」「メリット・デメリット」「向いている人」を、それぞれ解説しました。

 

一般的なBluetoothスピーカーよりは高めですが、これだけの機能が詰まっているので価格相応かなとも思います。

 

あれこれ買い足したくない方には、間違いなくおすすめのスピーカーです。

 

ぜひぜひ、検討してみてくださいね。

 

本日は以上です。最後までお読み頂きありがとうございました。