Lifetime Blog

on OKINAWA

セブ島の治安って大丈夫?留学経験者が解説します

f:id:healthwellnesshappy:20200731113404p:plain

◆はてな・疑問??

✔セブ島留学を検討している
✔でも、治安とかって大丈夫?
✔その辺のことを詳しく教えてほしい

 

こんな悩みを解消します。

 

「セブ島留学を検討中」「セブ島の治安が少し心配」という方向けの記事です。

 

僕自身、2015年にセブ島留学経験があるので、現地の様子についても詳しいです。

 

そこで、今日は僕の経験も踏まえたうえで「セブ島の治安」「気を付けたいこと8つ」を、それぞれ解説したいと思います。

 

ぜひ、最後までご覧くださいませ。

 

◆記事の内容(3分で読めます)

✔セブ島の治安
✔気を付けたいこと8つ
 

 

◆◇◆◇記事の信頼性◆◇◆◇

当サイトの筆者Tonyは、フィリピンセブ島へ留学経験があります。現地のことも詳しいです。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

セブ島とは?

f:id:healthwellnesshappy:20200620125855p:plain

セブ島は、フィリピンビサヤ諸島に位置する島です。

 

★セブ島

 

たくさんの観光客が訪れるリゾート地として非常に有名です。

 

また人気の英語留学先として、毎年日本・韓国・台湾をはじめとした多くの国から留学生も訪れています。

 

セブ島の治安と気を付けたいこと8つ

f:id:healthwellnesshappy:20201003023752p:plain

僕の経験から言うと、滞在中に危険な目にあったことは一度もありませんでした。基本的な防犯意識を身につけておけば、大丈夫です。

 

海外安全情報

ちなみに、外務省が出している海外安全情報だと、セブ島を含むフィリピンは以下のように位置づけられています。

 

★海外安全情報(フィリピン)

f:id:healthwellnesshappy:20210206102059p:plain

引用元:外務省 海外安全情報
 

セブ島は「レベル1」です。「行っても大丈夫だけどきちんと注意してくださいね」ということです。

 

気を付けたいこと8つ

では、僕の経験も踏まえ、セブ島滞在時に気を付けた方がいいこと8つを紹介したいと思います。

 

①:あらゆる持ち物を肌身離さず管理

財布やスマホなどの貴重品はもちろんのこと、コーヒーショップやファストフード店で場所取りのために荷物を置いたりするのもNGです。

 

面倒ではありますが、あらゆる持ち物は肌身離さず管理しておきましょう。

 

手提げタイプのカバンだと置き忘れてしまう場合もあるので、できればリュックタイプの方がいいかと思います。

 

②:派手な格好や装飾品を避ける

半そで・半ズボン・サンダルといったように、街中でもラフな格好の方がいいです。

 

一目見て観光客と分かるような派手な格好だと、盗難に遭う危険性も高くなるからです。

 

③:スーツケースのカギは常に施錠

部屋に置いているスーツケースですが、外出時は必ず施錠しましょう。

 

貴重品などが入っていなくても、防犯意識をとにかく高めましょう

 

④:慣れていなければタクシーを利用

セブ島の交通手段は、主にタクシージープニーです。

 

ジープニーはタクシーよりも安くで利用でき、とても便利な乗り物です。

 

関連記事:
フィリピンでの移動手段はジプニーがおすすめ!乗り方・注意点を解説

 

ただ、あくまで地元の方向けの交通手段なので、「ジープニーにあまり慣れていない」「単独行動」「夜間」といったようなケースでは、できればタクシーを利用しましょう。

 

⑤:タクシー利用時は必ずメーターを確認

レアですが、相手が観光客と分かるとメーターを隠したり回さなかったりして、料金をボッタくるケースもあります。

 

※実際にそのような経験に遭ったことのある友人から話を聞きました

 

なので、乗車後必ずメーターが回っているかどうか確認しましょう。もし、メーターが回っていなかったり、メーターが隠されていれば、運転手に自分から申し出ましょう。

 

例:
★Can you turn the meter on? (メーターを回してもらえますか?)
★Excuse me, I can't see the meter.(すみません、メーターが見えないです)

 

⑥:銀行かモールの両替所を利用

街中にも両替所はありますが、できれば銀行か大型ショッピングモールの両替所を利用しましょう。

 

両替レートや手数料は若干高めですが、その方が安全です。

 

街中にある両替所だと、セキュリティー面で不安だし、ごまかされたりするケースもゼロではないからです。

 

⑦:用事はすべてモール内で済ませる

アヤラモールをはじめとして、セブ島には多くのショッピングモールがあります。

 

関連記事:
セブ島でおすすめのショッピングモール3つを紹介します

 

日用品からレストラン・居酒屋・バーなどなんでもそろっているので、用事は全てモール内で済ませた方がいいです。

 

屋台や露店に行って食事をしたりお酒を飲みたければ、初回はできれば友達どうしで行き、単独行動は避けた方が安心です。

 

⑧:銃の所持が合法

フィリピンでは、警察に届け出て許可を得れば一般市民でも銃を所持できます。

 

だからといって特別危険というわけではありませんが、いちおう頭の中に入れておいた方がいいです。

 

万一地元の方とトラブルに発展しても、口論や喧嘩は絶対にNGです。その場からすぐに離れ、最寄りのセキュリティガード警察を頼りましょう。

 

セブ島の治安と気を付けたいこと8つ:まとめ

f:id:healthwellnesshappy:20200620180347p:plain

「セブ島の治安」「気を付けたいこと8つ」を、それぞれ解説しました。

 

基本的な防犯意識を身に着け羽目を外さなければ、そこまで神経質になる必要はありません。これは、セブ島に限らず、日本やほかの国でも同じことがいえるかと思います。

 

ご参考になれれば幸いです。ぜひぜひ、充実したセブ島ライフを送ってくださいね。

 

本日は以上です。最後までお読み頂きありがとうございました。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

「オンライン英会話で気軽に英語を学んでみませんか?」

 

これから新たに英語を学びたいのであれば、オンライン英会話がおすすめです。

 

「DMM英会話」だとマンツーマンで1日30分のレッスンを毎日受講できます。

 

価格も6,480円/月(税込)と非常にリーズナブルです。
(スタンダードプランプラン・毎日1レッスン)

 

 

関連記事:
DMM英会話の評判・口コミ【デメリット1点・メリット4点】

 

ぜひ、検討してみてくださいね。