Lifetime Blog

written by Tony

【厳選】スマホの月額料金3,000円前後で大容量使える格安SIM2社

f:id:healthwellnesshappy:20210215013326p:plain

◆はてな・疑問??

✔大容量のデータを使いたい
✔月のスマホ代は3,000円前後に抑えたい

✔そんな会社ある?

 

こんな悩みを解消します。

 

「スマホの月額料金3,000円前後で、大容量使える格安SIMをお探しの方」向けの記事です。

 

結論から言うと、「楽天モバイル」「DTI SIM」の2社です

 

この2社は大容量のデータを使えるので、コスパは断トツGOODです。

 

※楽天モバイルは厳密には第四のキャリアですが、格安SIMなみの料金なのでここで取り上げています

 

今日は、「楽天モバイル」「DTI SIM」を詳しく解説していきます。

 

ぜひ、最後までご覧くださいませ。

 

◆記事の内容(3分で読めます)

✔楽天モバイルの特長
✔DTI SIMの特長

 

◆◇◆◇記事の信頼性◆◇◆◇

当サイトの筆者Tonyは、格安SIM専門ブロガーとして数多くの記事を執筆しています。実際に格安SIMを使っていますし、格安SIMの仕組み・価格相場なども熟知しています。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

月額3,000円前後で大容量使える格安SIM2社

f:id:healthwellnesshappy:20201026003300p:plain

今日紹介する2社は、以下のような方に特におすすめです。


①毎月容量制限にかかっている
②スマホの月額料金を下げたい
③一人暮らし
④自宅にネット環境がない
⑤外でよくネットを利用する

 

安くで大容量使えるのが、まず最大の特長です。

 

さらに、③④⑤のような方にも向いています。というのも、スマホは固定回線や据え置きWi-Fiと違い持ち運び可能だからです。

 

スマホさえあれば、どこでもデータ量を気にせずネットが使えます。

 

また、テザリングを使うことで「モバイルWi-Fi」としての機能も果たせるのです。


・一人暮らしで自宅にネット環境がない
・スマホだけで完結させたい(別でWi-Fiや固定回線を契約するのが面倒)

 

といったような方には、テザリング機能を組み合わせることで超お得&便利に使うこともできます。

  

それでは、おすすめの2社を紹介します。

 

①:楽天モバイル

f:id:healthwellnesshappy:20201106155308p:plain

画像引用元:楽天モバイル HPより

 

公式サイトはこちら>>>楽天モバイル

 

プラン特長

プラン月額料金
→~1GB:
0円
→~3GB:980円(税込:1,078円)
→~20GB:1,980円(税込:2,178円)
→20GB~無制限:2,980円(税込:3,278円)

データ通信
楽天回線エリア:完全使い放題
パートナー回線エリア:5GB/月超過後は最大1Mbpsで使い放題

通話
→専用アプリ利用で「国内通話かけ放題」

 

初期費用・最低利用期間・解約金

初期費用・最低利用期間・解約金とも、ありません

 

その他

プラン料金1年無料のキャンペーン実施中です。(※2021年4月7日終了が決まっています。お早めに!)

 

通話は、前述通り「国内通話かけ放題」+「国内SMS使い放題」です。※オプションではなく、最初からプランに入っています

 

まとめ

メリット・デメリットは、以下の通りです。


メリット

・楽天回線エリアだと高速通信使い放題
・かけ放題オプションが最初から組み込まれている
・プラン料金1年無料キャンペーン(※1)
・諸費用無料なので、乗り換えがラク

デメリット
・パートナー回線エリアだと高速通信は5GBまで
(5GB超過後は最大1Mbpsで使い放題)
・動作確認端末が限られている

 

※1:2021年4月7日終了

 

ざっと、上記の通りです。

 

楽天回線エリアにお住まいの方には、特におすすめです。

 

楽天回線エリアは、こちらから確認できます。
通信・エリア | 楽天モバイル

 

一方、パートナー回線エリアだと高速通信は5GB/月までしか使えず、超過後は最大1Mbpsで使い放題です。とはいえ、基本的な操作はこの速度でもできるので、パートナー回線エリアだからと言って悲観する必要はないかと思います。また、現在急ピッチで基地局の増設を行っているので、今後のエリア拡大にも期待できます。

 

パートナー回線エリアで楽天モバイルを使う際の注意点は、以下の記事にまとめています。
エリア外で楽天モバイルを使う際の注意点を解説【口コミあり】

 

また、いまお使いのスマホで楽天モバイルをそのまま使いたければ、念のため以下のリンクからご確認ください。
ご利用製品の対応状況確認 | 製品 | 楽天モバイル

 

動作確認が取れているSIMフリー機種が少なめなのが、少しネックです。もし、自分のスマホがリストになければ、端末とSIMをセットで購入してみてもいいかもです。(お得なポイント還元キャンペーンも実施中です)

 

f:id:healthwellnesshappy:20210215033352p:plain

引用元:楽天モバイル

 

「楽天モバイルのこともっと知りたい」という方は、以下記事をご参照ください。
楽天モバイルの評判・口コミ【メリット6点・デメリット1点】

 

 

②:DTI SIM

f:id:healthwellnesshappy:20200904144919p:plain

引用元:DTI SIM

 

公式サイトはこちら>>>DTI SIM

 

プラン特長(税別)

f:id:healthwellnesshappy:20200707173637p:plain

引用元:DTI SIM

 

初期費用・最低利用期間・解約金

初期費用は、事務手数料として3,000円(税抜)かかります。

 

音声SIMだと、12ヶ月の最低利用期間内に解約した場合、契約解除料として9,800円(税抜)もかかります。

 

その他

かけ放題はオプション制となり、別途料金がかかります。

 

おとくコール10・・・820円(税抜)/月(1回あたり10分以内の通話は無料)

 

まとめ

メリット・デメリットは、以下の通りです。


メリット

・毎日1.4ギガ使い切りプランは超絶コスパよすぎ
・動作確認済み端末も比較的多い

デメリット
・諸費用がかかる
・通話は完全オプション制

 

ざっと、上記の通りです。

 

なんといっても、「毎日1.4ギガ使い切りプラン」です。0:00~23:59までの間、1.4GBまで高速通信が使い放題なんです。

 

1ヶ月30日とすると、42GB使えるわけです。それでいてこの価格です。

 

一人暮らしでネット環境がない方でも、十分やり繰り可能な量です。

 

動作確認済み端末も多めなので、今のSIMフリースマホをそのまま使いたいという方にも向いています。

 

※ご自身のスマホが対応しているか、こちらからご確認ください
動作確認済み端末|DTI SIM:【dream.jp】

 

ただ、楽天モバイルとは違い諸費用はかかります。また、電話も完全オプション制です。

 

とはいえ、「毎日1.4ギガ使い切りプラン」は超絶コスパよすぎです。

 

「あまり電話をかけない方」「自宅が楽天回線エリア外」なら、DTI SIMの方が向いているかと思います。

 

DTI SIMについてもっと詳しく知りたい方は、以下記事もご参照ください。
DTI SIMの評判・口コミ【デメリット2点・メリット4点】

 

 

月額3,000円前後で大容量使える格安SIM2社:まとめ 

f:id:healthwellnesshappy:20210126182252p:plain

月額3,000円前後で大容量使える格安SIMとして、「楽天モバイル」「DTI SIM」を詳しく解説しました。

 

ネット環境に不満をお持ちの方は、ぜひぜひ検討してみてくださいね。

 

本日は以上です。最後までお読み頂きありがとうございました。

 

※2社ともテザリング機能に制限はありません。ただ、スマホ端末によってはテザリング非対応の場合もあります。テザリングでの利用を前提に考えている方は、念のためご自身のスマホおよび各社HP上の「動作確認済み端末」をご確認ください。

 

楽天モバイルはこちらから>>>楽天モバイル

 

DTI SIMはこちらから>>>DTI SIM